お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資

2022.09.03

満室の窓口

低費用でできるリフォームは空室対策に効果あり?

経営している賃貸物件で空室が続くと「家賃が高いからかな」「設備が古いから、もう誰も入ってくれないかも」と不安な思いが頭をよぎります。


今回のコラムではリフォームをする前に意識して行うべきことと、競合物件との差異化が図れるリフォームを紹介します。

もちろん、低費用でできるリフォームばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。


<目次>
リフォームをする前に
人気の設備を知ろう
おすすめのリフォームと費用相場
ー【追い炊き機能】
ー【TVモニター付きインターホン】
ー【温水洗浄便座に交換】
ー【浴室換気乾燥機】
ー【アクセントクロス】
ー【フローリングへ変更】
上手にリフォームして空室対策に活かそう

低費用でできるリフォームは空室対策に効果あり?


<リフォームをする前に>

空室が続くからといって、すぐにリフォームをするべきではありません。

「え?リフォームの紹介じゃないの」と驚かれる方もいるかと思いますが、まずリフォームをする前にすべきことがあります。 

とはいっても家賃を下げるということではありません。

空室対策にばかり目が行ってしまい家賃を下げてでも空室を埋めようとすることもありますが、賃貸物件では収益を上げることが大切です。

 いくら空室が埋まっても収入が上がらなければ経営は苦しくなってしまうでしょう。 


そこで大切なのは、募集内容のチェックと不動産会社への営業です。 

WEBサイトでの募集内容に未記載や誤記があれば訂正しましょう。

リフォームをした後は、写真の掲載内容も確認します。 

次は、募集を依頼している不動産会社への営業です。

空室を埋めるためには不動産会社の営業力が大切になってきますので、こまめに顔を出してお願いしておくと良いでしょう。

この2つを行ってからリフォームをすると空室対策への効果が期待できます。


<人気の設備を知ろう>

「とにかくリフォームをすれば良い」と考えているのであれば、それは間違いです。

リフォームに予算を掛けられるのであればそれでも良いのですが、限られた予算内で最大の効果を上げるためには、ピンポイントでリフォームをすると良いでしょう。 

そこで、入居者がどのような設備を求めているのかを知るために、毎年ランキングで発表される

「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」

「この設備がなければ入居が決まらない」

が参考になります。


 例えば、

・室内洗濯機置き場や独立洗面台

・追い炊き機能

・無料インターネット

・エントランスのオートロック

などは、毎年上位にランキングされるので、人気のある設備だということがわかります。 

もちろん、単身者、ファミリー層、時代背景によって人気の設備は若干変わりますが、あまり大きな差がないことがわかります。


<おすすめのリフォームと費用相場>

では、ランキングも参考にしながら、低予算でできるリフォームを紹介します。


【追い炊き機能】

単身者、ファミリー層ともに人気のある設備です。

特に複数人で住んでいると毎回お湯を入れ替えるのは大変なので、入居の決め手になるといっても良いでしょう。 

 (費用:30万円前後~)

【TVモニター付きインターホン】

テレワークなどで在宅時間が長くなった今日では、ファミリー層だけでなく単身者にも人気の設備です。

特に女性の一人暮らしや子どもがいる家庭では入居の条件となる設備と思われます。 

 (費用:5万円前後~)

【温水洗浄便座に交換】

ショッピングセンターや駅のトイレでも温水洗浄便座が多くなってきたため、家のトイレも温水洗浄便座が当たり前と考えている人も多くいます。 

単身者、ファミリー層ともに人気の設備です。 

 (費用:7万円前後~)

【浴室換気乾燥機】

単身者、ファミリー層ともに人気の設備ですが、用意されている物件がまだ少ないので競合物件との差異化となります。 

ファミリー層だけでなく、花粉症の人や一人暮らしの女性にも人気の設備です。 

 (費用:13万円前後~)

【アクセントクロス】

部屋の一部を変えるだけで雰囲気が変わります。

部屋ごとにアクセントを変えるのも入居希望者の目を引きます。 

オシャレなカフェ風や和のテイストを取り入れるなど人気のクロスを入れるだけで効果が上がります。 

 (費用:1万円前後~ 4.5畳の部屋の一面のみの場合)

【フローリングへ変更】

設備ではないので、ランキングには入っていませんが、フローリングはオシャレで掃除が楽なため、若い単身者やファミリー層を中心に人気があります。 

入居者層によって検討しても良いでしょう。

クッションフロアにすると費用を抑えることも可能です。 

 (費用:14万円前後~ 6畳の場合)


上手にリフォームして空室対策に活かそう

工夫次第で費用対効果の高いリフォームは、たくさんあります。

まずは、どのような人に入居して欲しいのかターゲットを絞って、そのターゲットに合ったリフォームを行うようにしましょう。 

上記以外にも

・ペットのための設備を加えてペット可にする

・備え付けの家具や家電、無料インターネットの設置

などは、競合物件との差異化が図れるだけでなく入居者にとって魅力的であれば、家賃を下げずに空室対策も可能です。 

(画像は写真ACより)


-----------------------------------------------------------
2.8ヶ月で満室の実績を誇る「満室の窓口」では、賃貸経営にお役に立つ情報を日々発信しています!

入居者ニーズの変化や新型コロナウイルス感染拡大などによって、時代の変化に応じた取組みが今まで以上に必要となってきました。

そこで、満室の窓口では、賃貸オーナーの皆様のお悩み、課題を安心安全な状態で解決するために、毎月オンラインセミナーを開催し、最新の賃貸経営情報をご提供しております。

石川県仲介件数9年連続No.1の「満室の窓口」が主催するオンラインセミナーは下記のバナーをクリック!

その他、賃貸オーナーの皆様にお役に立てる情報をメルマガ・LINEにて配信しております。

こちらもぜひご登録お願いたします!
-----------------------------------------------------------

満室の窓口、リノベーション、リノッタ、空室対策 賃貸オーナー、賃貸経営、空室対策、メルマガ


関連記事

  • 不動産投資

    賃貸オーナーが知っておくべきインボイス制度とは?

    2023年10月1日から、インボイス制度が施行されます。 消費税に関する新しい制度で、オフィスや店舗の賃貸経営にも影響するため、その仕組みを理解し対策をとる必要があります。 この記事では、インボイス制度の概要と不動産オーナーに与える影響、対応方法などについて紹介します。

    2023.02.01
  • 不動産投資

    インバウンド回復に見込みを持つ不動産運用

    インバウンド回復による不動産運用への影響について解説していきます。

    2023.01.21
  • 不動産投資

    サラリーマン大家さん必見 スムーズに確定申告をするには?

    本記事では、不動産経営における確定申告について解説していきます。確定申告をスムーズに行うためのポイントについても紹介しますので、初めて確定申告を行う人はぜひ参考にしてください。

    2022.12.09
  • 不動産投資

    アパート経営に必要な初期費用はいくら?―維持費用編―

    今回は、アパート経営に必要な維持費について解説します。アパートの初期費用の中でいくらくらい維持費がかかるのかを知りたい人は必見です。

    2022.08.25