お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策

贈与について

贈与について

相続と贈与はとても密接な関係にあります。

相続は死亡によって発生しますが、贈与は生前に行うことができます。

贈与は契約であり、贈与者と受贈者の合意によって成立します。

贈与者「○○をあげます」 →  受贈者「○○をもらいます」 これで贈与が成立します。

贈与においては、贈与税が課税されます。しかし、いくつか非課税措置が取られています。

 

贈与税・・・暦年課税(年間110万円までは課税されない)

相続時精算課税(最大2,500万円までは課税されない)

 

非課税措置について

関連記事

  • 相続対策

    配偶者への贈与とは・・・どの機会にどの方法が良いか!!!

    2019.08.19
  • 相続対策

    信託不動産の登記簿記載の例

    2019.08.19
  • 相続対策

    法定相続人と法定相続分について

    2019.08.19
  • 相続対策

    【pickupニュース】17年4月度、中古物件の成約件数がマンション・戸建とも減少

    2019.08.19