お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策

相続時精算課税制度①

相続時精算課税制度①

相続時精算課税制度とは、生前に財産を贈与した場合において選択できる贈与税の制度です。贈与税・相続税を通じた納税制度です。

特徴 

特別控除額2,500万円までは、何度に分けて贈与してもよく、複数回にわたる場合は残額が限度額になります。2,500万円を超過した分には贈与税として一律20%が課税されます。

相続が発生したら、一度贈与した財産を持ち戻して相続税の計算をします。

この制度は、節税対策として用いられるというよりも、現時点ですぐに多額の財産を贈与税がかからずに(抑えて)受け渡すことに用いられます。

相続税が課税されない人がこの制度を利用して贈与した場合、相続税の計算の際に、相続財産として持ち戻しはされますが、相続税の納税が不要となります。


イメージ図

相続税の基礎控除額は3,000万円+相続人×600万円のため、この土地には相続税が課税されない。

贈与税と相続税が課税されないので、結果節税となります。

関連記事

  • 相続対策

    代襲相続について

    2019.08.19
  • 相続対策

    【pickupニュース】国土交通省、平成29年地価公示による地価の状況をとりまとめ結果を公開

    2019.08.19
  • 相続対策

    家族信託と成年後見制度の違い

    2019.08.19
  • 相続対策

    贈与について

    2019.08.19