お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策

2018.05.31

満室の窓口

信託不動産の登記簿記載の例

家族信託の財産に不動産が含まれる場合、その不動産に家族信託が設定されたことを登記する必要があります。この登記のことを信託登記といいます。

信託登記が必要な理由

家族信託は、あなたの財産の所有権を信頼できる親族・家族に一旦移転した上で財産管理を任せるものです。しかしながら親族・家族はあなたの財産管理を任せられただけであり、例えば親族・家族の債権者が信託財産に強制執行することはできません。

親族・家族が、一旦所有権の移転を受けて財産管理を任せられたこと、但し、親族・家族の債権者は信託財産に強制執行できないことを、第三者に対して示し、財産保全のために信託登記をする必要があります。

この登記事項は「信託目録」に登記されます。尚、これらの登記事項に変更が生じた場合は、変更登記を申請しなければなりません。不動産の権利に関する登記については登記義務が課されていませんが、これはその例外という事になります。

関連記事

  • 相続対策

    相続税評価額を抑える方法とは?

    相続によって得た財産に対して支払う税金が相続税です。その相続税を計算するための基礎となる「相続税評価額」というものがありますが、この相続税評価額が低ければ相続税も抑えることができます。今回は、相続税評価額を抑える方法とメリット、注意点について解説します。

    2021.10.23
  • 相続対策

    家族信託のメリット・デメリットを徹底解説!

    高齢化が進んでいる日本では、認知症などの病気リスクに備えるため家族信託に注目が集まっています。しかし、まだ多くの人に知られていない家族信託とは、どのようなものでしょうか。今回は、家族信託の概要や仕組み、メリット・デメリットなどを解説します。

    2021.09.01
  • 相続対策

    相続時精算課税制度とは?メリットデメリットを解説!

    相続税について調べていると「相続時精算課税制度」という言葉を目にすることがあります。しかし、相続時精算課税制度は、どのようなものかよくわからないという人も多いのでないでしょうか。今回は、相続時精算課税制度とはどのようなものなのか、メリットやデメリット、手続きの方法などについて解説します。

    2021.07.28
  • 相続対策

    暦年贈与の思わぬ落とし穴!?正しい理解で節税対策!

    暦年贈与とは、1月1日~12月31日の1年の間に贈与した場合、110万円までの非課税枠があるというもの。ただ、注意しなければ暦年贈与でも課税対象になってしまう可能性があります。 課税対象になってしまうのを防ぐために、暦年贈与の仕組みと注意点を理解しておきましょう。

    2020.09.03