お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策

[相続税」知っておくと便利!!! 私には関係ないと思っていませんか?

相続関連 税金

 「相続税」知っておくと便利!!! 私には関係が無いと思っていませんか?

 平成27年1月1日、相続税法の改正により相続税の基礎控除額(非課税枠)が引き下げられました。その為、課税対象となる方々が増えています。相続税がかかる財産なんて無いと思っていませんか?

「相続税」とは何なのか、相続税がかかる財産とは何なのか、控除できる債務とは何なのかお伝えします。

 相続税は、個人が被相続人から、相続などによって財産を取得した場合に、取得した財産に課される税金です。又、財産を取得したそれぞれの個人の課税価格の合計額が遺産に係る基礎控除額を超える場合、財産を取得した人が相続税の申告をする事になります。他に生前に贈与を受け、相続時精算課税制度を受けていた場合や相続開始3年以内の贈与財産は、課税対象となります。

 基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人の数

 相続税課税対象財産とは、土地・建物・株式などの有価証券・預貯金・現金他「生命保険金」や「死亡退職金」などは、相続や遺贈によって取得したものと見なされ、課税対象となります。但し、一定の額が非課税となります。

 生命保険金・死亡退職金の非課税枠=500万円×法定相続人の数

 相続財産から控除できる債務とは、被相続人の債務・借入金・未払金・被相続人が納めないといけない税金・お寺への支払い・葬儀費用・タクシー代・お通夜の費用。但し、墓地や墓碑などの購入費用、香典返しや法要に要した費用は葬儀費用に含まれません。

 相続税には、小規模宅地等の特例や配偶者特別控除を含めて各種の特例を利用して納税額を軽減する事ができます。特例を利用するには、相続税の申告書を提出する必要があります。遺産がどれくらいあると相続税がかかるのか事前に知っておく事や、基礎控除や非課税枠がどれくらいあるのか知っておく必要があります。

関連記事

  • 相続対策

    【pickupニュース】国土交通省、平成29年地価公示による地価の状況をとりまとめ結果を公開

    2019.07.22
  • 相続対策

    家族信託と成年後見制度の違い

    2019.07.22
  • 相続対策

    分けられない財産は代償分割で円満相続

    2019.07.22
  • 相続対策

    【pickupニュース】17年4月度、中古物件の成約件数がマンション・戸建とも減少

    2019.07.22