お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策

2018.05.31

満室の窓口

生前贈与とは・・・ 上手に利用したい相続対策!!!

相続税とは、亡くなった人の財産を相続した人に課せられる税金に対して、一方贈与税とは、生存中の個人から贈与された受贈者が払う税金です。

贈与税は、相続税に比べて税負担が重く、税率も高い為、一度にたくさんの財産を移す事が難しいのが事実です。

しかしながら、毎年110万円の基礎控除枠内であれば、贈与税を払わずに相続税の課税額を効果的に減らすことができます。

更に、孫やひ孫・配偶者・内縁の妻や法定相続人以外の人も使えるので、賢く使えば有効な相続手段になりますが、注意する事がいくつかあります。

暦年贈与の注意事項

 ・定期金贈与と見なされない様、毎年贈与契約書を作成し、あげた・もらった事実を

     お互いの預金通帳に履歴を残す。

 ・老後資金を崩してまでの行き過ぎた贈与は、要注意と考えた方が賢明です。

 ・相続が争続にならないように、公平な贈与に対する配慮が必要です。

非課税枠を利用しての贈与を長年に渡って行えば、贈与税がかからないうえに、相続財産を減らすことができます。


関連記事

  • 相続対策

    相続時精算課税制度①

    2018.05.31
  • 相続対策

    【pickupニュース】国土交通省、平成29年地価公示による地価の状況をとりまとめ結果を公開

    2018.05.31
  • 相続対策

    家族信託と成年後見制度の違い

    2018.05.31
  • 相続対策

    配偶者への贈与とは・・・どの機会にどの方法が良いか!!!

    2018.05.31