お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策

【相続対策】相続が発生すると、預金が引き出せなくなる


  

 預金凍結とは?:口座名義人が亡くなった事実が金融機関に判ると、預金口座が凍結され入出金が出来なくなります。また、当面の生活費・葬儀代・公共料金・ローンの支払いに充てる事が出来なくなる恐れもあります。

預金凍結される理由:亡くなった人の預貯金は、亡くなった時点から相続人の共有財産となる為、相続人が勝手に引き出して、他の相続人の権利侵害を防ぐ為に凍結されます。

凍結を解除する方法:相続人全員で遺産分割協議が整った後で、遺産分割協議書を提出すれば可能です。

対策の一例として:生前に遺言を残しておく事や相続人を受取人とした生命保険に加入するといった方法が考えられます。

関連記事

  • 相続対策

    相続問題 vol.1

    2019.09.21
  • 相続対策

    手軽にできる不動産投資!知っておきたい不動産投資信託の基本

    2019.09.21
  • 相続対策

    省エネが義務化?これからの住宅に求められる省エネの視点

    2019.09.21
  • 相続対策

    納税額に2倍も差がつく!二次相続を見据えた最適な分割割合

    2019.09.21