お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資

2018.05.31

満室の窓口

【pickupニュース】17年第2四半期リフォーム市場、前年同期比10.9%増

日々のニュースの中で不動産投資や賃貸経営、資産運用など暮らしに関わるニュースをピックアップしてます。

今回ピックアップするニュースはこちら!


矢野経済研究所が住宅リフォーム市場トレンド調査結果を公開

株式会社矢野経済研究所は5日、国内の住宅リフォーム市場における短期的な市場トレンド調査を実施、その結果をとりまとめて公開しました。今回の調査機関は2017年4月~6月で、2017年第2四半期分となります。


ここでの「住宅リフォーム市場」とは、「10平方メートル超の増改築工事」、「10平方メートル以下の増改築工事」、「設備修繕・維持関連」、「家具・インテリア等」の4分野からなるものと定義され、調査は矢野経済研究所の専門研究員による市場規模算出と文献調査によってなされています。


・リフォーム市場規模動向

2017年第2四半期:1兆5,932億円(前年同期比10.9%増)

2017年上半期:2兆8,770億円(前年同期比6.9%増)


2017年第2四半期の住宅リフォーム市場規模は、前年同期比10.9%増と伸び、3四半期連続のプラス推計になりました。全体として低迷傾向にあったリフォーム市場ですが、回復の兆しがみえてきたようです。1~6月の上半期速報値でも、前年同期比6.9%増の推計となりました。


2015年と似た動き、消費税増税までは拡大傾向か

2017年全体の住宅リフォーム市場規模は、今回6.2~6.4兆円と予測されました。第1、第2四半期の動きは、ほぼ2015年と同水準で推移しており、あわせて3四半期連続で前年同期比を上回るなど、回復の明るい兆候がみられているため、引き続き2015年クラスのトレンドの伸びが続くとの見通しから、この値になっています。


2019年10月の消費税増税を控え、今後は工期のかかる大規模リフォームを中心に駆け込み需要が発生、実需が先行して顕在化すると想定されるため、消費税増税の時期までは需要が緩やかに伸び、市場を支えていくとみられます。


ピックアップニュースは以上になります。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!


(画像はプレスリリースより)



▼外部リンク


株式会社矢野経済研究所 プレスリリース

https://www.yano.co.jp/press/pdf/1727.pdf


関連記事

  • 不動産投資

    アパート経営に必要な費用はいくら?―初期費用編―

    アパート経営を始めようと考えたときに、気になるのが初期費用です。今回は、アパートを経営するときにかかる初期費用を項目別に解説します。また、用意しておくと良い自己資金額も併せてご案内します。アパートを経営するときの初期費用が気になる人は、最後までご覧ください。

    2021.12.18
  • 不動産投資

    賃貸経営の利回りの計算方法とは?

    アパートやマンションなどの賃貸経営をするときは、利回りを考えなければなりません。しかし、利回りには、「表面利回り」と「想定利回り」「実質利回り」があり、それぞれに意味や計算方法が違います。今回は、賃貸経営をする上で知っておくべき利回りの種類と計算方法を解説します。

    2021.10.29
  • 不動産投資

    戸建賃貸経営について

    現在、戸建賃貸経営が増えております。戸建賃貸経営の需要からメリット・デメリット、おさえておきたいポイントについてまとめてみました。アパート・マンションの運用のみならず、戸建も視野に入れ、運用の幅を広げてみてはいかがでしょうか?また、「戸建でも賃貸に出せるのか!」と思って頂ける記事となっております。

    2021.08.08
  • 不動産投資

    徹底検証!マンションを選ぶなら低層階?高層階?

    2018.05.30