お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資

2018.05.31

満室の窓口

お客さまの求める賃貸物件

空室対策を行うにあたり実際にお部屋に入居されるお客さまが求める条件を満たしていく

ことにより空室期間の緩和や賃料の上昇につながります。

 

まず条件面では、「敷金・礼金なし」物件が今年になり増加致しました。

大手ハウスメーカーが新築・既存住宅問わずに敷金・礼金に減額を進めそれに伴い多くの賃貸物件にもこの条件の実施が増えました。

今年の3月のお部屋探しのお客様からも初期費用を安く抑えたいという要望が増加しこちらの対策をとったお部屋より成約が決まっていきました。


設備面に焦点をあてると

下記ランキングとおりとなっております。

 過去3年間インターネット無料がベスト3にランクインしておりオートロックや浴室乾燥機といった設備は、新築物件には、必ずと言っていいほど導入がされております。

既存物件でも設備面+条件面をお部屋探しのお客さまのニーズに合わせることで入居促進につながります。

賃貸オーナー様で、空室対策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

  • 不動産投資

    賃貸経営の利回りの計算方法とは?

    アパートやマンションなどの賃貸経営をするときは、利回りを考えなければなりません。しかし、利回りには、「表面利回り」と「想定利回り」「実質利回り」があり、それぞれに意味や計算方法が違います。今回は、賃貸経営をする上で知っておくべき利回りの種類と計算方法を解説します。

    2021.10.29
  • 不動産投資

    戸建賃貸経営について

    現在、戸建賃貸経営が増えております。戸建賃貸経営の需要からメリット・デメリット、おさえておきたいポイントについてまとめてみました。アパート・マンションの運用のみならず、戸建も視野に入れ、運用の幅を広げてみてはいかがでしょうか?また、「戸建でも賃貸に出せるのか!」と思って頂ける記事となっております。

    2021.08.08
  • 不動産投資

    徹底検証!マンションを選ぶなら低層階?高層階?

    2018.05.30
  • 不動産投資

    【pickupニュース】違法貸しルーム、建築基準法違反も1456件と増加

    2018.05.31