お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資

2018.06.07

満室の窓口

【pickupニュース】アルヒ調べ、東京都内高所得層の住宅購入エリアTOPは中央区

日々のニュースの中で不動産投資や賃貸経営、資産運用など暮らしに関わるニュースをピックアップしてます。

今回ピックアップするニュースはこちら!


都内高所得層の住宅購入事情を調査

アルヒ株式会社(ARUHI)は5月29日、ARUHIの「フラット35」を利用した顧客の成約データから、都内高所得層の住宅購入事情を調査し、その結果を発表しました。


平均年収がTOPのエリアは中央区で882万円

最近、住宅購入の傾向は、「職住近接(都心回帰)」にあり、職場と近い都市部への転入が顕著です。


総務省の「住民基本台帳人口移動報告平成29年(2017年)結果」によると、2017年東京都への転入超過は、前年より1,321人増加し、7万5,498人でした。


そこで、アルヒは、「フラット35」利用者で平均年収の高い顧客層が、住宅購入した東京都内のエリアを調査し、エリアの傾向や職住近接の実態について分析しました。


東京都内住宅購入者の平均年収は540万円で、エリア別ランキングは、以下のとおりです。


1位:中央区、882万円

2位:港区、799万円

3位:渋谷区、732万円

4位:武蔵野市、708万円

5位:文京区、686万円

6位:目黒区、680万円

7位:江東区、668万円

8位:世田谷区、637万円

9位:杉並区、631万円

10位:豊島区、630万円


平均年収が一番高いエリアは、文化・商業の中心地である銀座・日本橋、再開発が進む勝どき・月島も含む中央区で、約900万円でした。


家族構成は、夫婦2人世帯と単身者が同数の31.73%、夫婦と子ども世帯が29.81%、と子どものいない世帯が6割を超えています。


物件種別では、新築マンション57.69%、中古マンション42.31%で、全員がマンションを購入していました。


今回の調査では、都内の高所得層が購入するエリアは、交通アクセスの良い、商業施設の充実している利便性の高いエリアばかりだったとのこと。


ピックアップニュースは以上になります。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!


(画像はプレスリリースより)



▼外部リンク


アルヒ株式会社のニュースリリース

https://www.aruhi-group.co.jp/news/press/20180529

関連記事

  • 不動産投資

    賃貸経営の利回りの計算方法とは?

    アパートやマンションなどの賃貸経営をするときは、利回りを考えなければなりません。しかし、利回りには、「表面利回り」と「想定利回り」「実質利回り」があり、それぞれに意味や計算方法が違います。今回は、賃貸経営をする上で知っておくべき利回りの種類と計算方法を解説します。

    2021.10.29
  • 不動産投資

    戸建賃貸経営について

    現在、戸建賃貸経営が増えております。戸建賃貸経営の需要からメリット・デメリット、おさえておきたいポイントについてまとめてみました。アパート・マンションの運用のみならず、戸建も視野に入れ、運用の幅を広げてみてはいかがでしょうか?また、「戸建でも賃貸に出せるのか!」と思って頂ける記事となっております。

    2021.08.08
  • 不動産投資

    徹底検証!マンションを選ぶなら低層階?高層階?

    2018.05.30
  • 不動産投資

    【pickupニュース】違法貸しルーム、建築基準法違反も1456件と増加

    2018.05.31