お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資

【pickupニュース】新宿駅から30分圏内の中古ファミリーM、割安トップは「読売ランド前」!

日々のニュースの中で不動産投資や賃貸経営、資産運用など暮らしに関わるニュースをピックアップしてます。

今回ピックアップするニュースはこちら!


リクルート住まいカンパニーが新宿駅30分圏内の価格相場ランキングを発表

株式会社リクルート住まいカンパニーは4日、同社が運営する不動産・住宅総合情報サイト「SUUMO」によるアンケート調査として、新宿駅から30分圏内のファミリー向け中古マンションに関する価格相場調査を実施、その結果をランキング形式で発表しました。


調査対象は新宿駅まで電車で30分以内にあり、「SUUMO」掲載物件が11件以上存在する駅で、データの算出期間は2017年3月1日~2018年2月28日、この期間の「SUUMO」掲載中古マンションにおける該当物件の価格から中央値を算定し、ランキング化を行っています。


・調査対象ファミリー向け物件の概要

駅からの距離:徒歩15分以内

築年数:40年未満

物件価格:3億円以下

専有面積:70平方メートル以上100平方メートル未満(敷地権利は所有権のみ)


なお今回の調査では、ファミリー向けとして、対象物件を上記のような条件を満たす中古マンションに限定しています。


・中古マンション物件相場が安い駅ランキング(ファミリー向け)

1位 読売ランド前(小田急小田原線・27分):2,580万円

2位 与野本町(JR埼京線・29分):2,680万円

3位 百合ヶ丘(小田急小田原線・29分):2,690万円

4位 京王稲田堤(京王相模原線・25分):2,800万円

5位 生田(小田急小田原線・25分):2,880万円

6位 稲城(京王相模原線・29分):2,980万円

7位 北戸田(JR埼京線・25分):2,985万円

8位 日野(JR中央線・30分):3,080万円

8位 蕨(JR京浜東北線・25分):3,080万円

10位 戸田(JR埼京線・23分):3,190万円


調査の結果、最も価格相場が安かったのは、神奈川県川崎市にある小田急小田原線の「読売ランド前」駅で、2,580万円でした。2位より100万円も安価で、以前同社が調査した「DINKS編」でも「読売ランド前」駅がトップとなっていたことから、専有面積にして40~100平方メートル未満の割安マンション物件を探すなら、同駅周辺がまず注目ポイントになると解説されています。

30分圏内で7位までは3,000万円アンダー

2位の埼玉県さいたま市「与野本町」駅も、「DINKS編」で3位にランクインした駅で注目度は高いでしょう。JR埼京線に乗車し29分で新宿駅に到着できます。同線では、与野本町駅から2駅で大宮駅があり、その周辺エリアにおける商業施設の充実ぶりも魅力となっています。与野本町駅周辺も、駅に直結してドラッグストアやスーパーなどが入る「ビーンズ与野本町」があることから、生活利便性は高く、住宅街の広がる住みやすいエリアです。


3位は神奈川県川崎市、小田急小田原線で新宿から29分の「百合ヶ丘」駅でした。相場は2,690万円で、2位の「与野本町」駅と10万円の僅差です。1駅新宿寄りにトップの「読売ランド前」駅、小田原寄りに快速急行も停止する新百合ヶ丘駅があり、この2駅に挟まれて立地します。


新百合ヶ丘駅は、駅前が大きく発展し、住宅地としても高い人気を誇るエリアが周辺に広がりますが、物件相場でみると4,390万円と高騰、ランクインした「百合ヶ丘」駅の1.6倍超にもなっています。百合ヶ丘駅周辺にも十分生活利便施設が整っているほか、少し足を伸ばせば新百合ヶ丘駅も利用できるエリアが多いことを考え合わせたとき、「百合ヶ丘」駅周辺の穴場的魅力の高さが感じられるでしょう。


トップ5は、2位の「与野本町」駅を除く4駅が神奈川県川崎市の駅となりました。東京都内トップは6位の京王相模原線「稲城」駅で2,980万円です。そのほか都内では、JR中央線の「日野」駅が8位にランクインしました。


トップ10にランクインした駅エリアでは、ほぼ2,000万円台後半が価格相場となりましたが、8位からは3,000万円台に突入、10位の「戸田」駅は3,190万円でした。新宿駅までの所要時間が最も短いのも「戸田」駅で、JR埼京線の乗車23分になっています。


ピックアップニュースは以上になります。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!


(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社リクルート住まいカンパニーによるプレスリリース(PR TIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000091.000028482.html

関連記事

  • 不動産投資

    【pickupニュース】16年度の定期借家物件、成約数減少も賃料はM以外上昇

    2019.09.21
  • 不動産投資

    【pickupニュース】東京都調べ、新設住宅着工戸数が9年振りに15万戸超え

    2019.09.21
  • 不動産投資

    【pickupニュース】新社会人の住み替え、約半数が親からの資金援助あり

    2019.09.21
  • 不動産投資

    【pickupニュース】17年の大型リフォーム平均額は約610万円

    2019.09.21