お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

賃貸業界の現状と家賃の下落の関係とは?

アパート経営での空室増加はオーナー様の最大のお悩みかと思います。

日本では、少子高齢化社会で人口も減少傾向にあり、全国的に住宅が余る状況になってきており、賃貸住宅の空室率も上昇しています。

入居率の低下そして家賃収入の安定がなければアパート経営自体が続かなくなってしまいます。


今回は、アパート経営の今後の予測と原状回復と現状維持の問題点について解説いたします。


<目次>
1.賃貸住宅の空室率の現状と今後
2.空室対策における現状維持の問題点
・家賃値下げ
・入居者からの値下げ要求
・入居者の質悪化
3.なぜ家賃が下落するのか?
・賃貸住宅の総数と不動産投資
・賃貸住宅での入居者の減少
・ニーズとギャップ(老朽化)
4.家賃下落の問題と解決まとめ


1.賃貸住宅の空室率の現状と今後

下のグラフは、賃貸住宅の総数と空室率の増加になります。

これまでも空室率が増加し続けていましたが、今後の予測値ではさらに空室率が増加すると予想されています。

これからはしっかりアパート経営における現状の把握と改善の方法を理解し、計画的にアパート経営を行なっていかなければ安定的な収入を得ることは難しくなります。

今後、アパート経営を行っていく上で空室対策が重要課題となっていくことは間違いありません。

空室対策、賃貸、アパート経営賃貸住宅の総数と空室率の増加のグラフ 

2.空室対策における現状維持の問題点

・家賃値下げ

全体的に空室率が下がることにより家賃が下がってくるといったリスクがあります。

人口減少やニーズの変化などによって以前より入居希望者も減り需要の変化が常にあります。

それにも関わらず、以前と変わらない設備やデザインのまま入居を募集していてもなかなか入居が決まらないというのは今後当然の理由となってくるかもしれません。

・入居者からの値下げ要求

昨今の新型コロナウイルスによる日本の景気の影響や過剰サービスの常識化による悪影響など様々なマイナスの効果が出てきています。

このことから、現状維持のままであると入居者から現在の家賃より値下げの要求が来る可能性も十分にあります。

・入居者の質悪化

現状維持を続けていると、いつかは家賃の値下げを検討しなくてはなりません。

そういった際に、低価格帯で募集をすると入居者の質が悪化してしまう可能性があります。

空室対策現状維持による家賃の値下げは避けられないかもしれません。 


3.なぜ家賃が下落するのか?

・賃貸住宅の総数と不動産投資

今現在も新築住宅が増え続けています。

不動産投資によって、長期的な家賃収入が得られることや少額の資金で多額の投資ができる点、生命保険の代わりなるなど様々なメリットがあります。

現状の税制のメリットからも不動産投資を行うメリットは大きいので、不動産投資としてのアパート経営による新築住宅はまだまだ増えていくと考えられます。

・賃貸住宅での入居者の減少

少子高齢化社会の中で現在の賃貸住宅の入居者は、20代〜30代の方がメインになります。

そのため、今後も人口は減少していきますので、賃貸住宅に入居を考える層が減ってくると考えるのが妥当かもしれません。

・ニーズとギャップ(老朽化)

大きな点ですと「老朽化」ということもありますが、現状維持のままであれば最新の設備がない…お部屋のデザイン性が乏しい…といったような点が挙げられます。

顧客ニーズに合ったデザインや設備や時代の流れに合わせたアパート経営を行っていかなければ家賃の下落は免れないと考えられます。

リノッタ、リノベーション常に時代に合ったアパート経営が必要になります。 


4.家賃下落の問題と解決まとめ

家賃下落の問題を防ぐためには、上記にも合った通り時代に合ったあアパート経営が必要になってきます。

その際に、不動産投資の再投資「投資とリターン」 家賃下落の問題を解決する考え方として、不動産投資に対してのリターンを考えます。 

税引き後のキャッシュフローを考えた不動産投資を行い、家賃を上げ、入居率を上げる、そして税引き後のキャッシュフローを上げていくといったことを行っていく必要があると思います。 

満室の窓口でも税引き後のキャッシュフローまでシュミレーションを行うことができますのでお気軽のご相談頂ければと思います。 

また、原状回復やリノベーションなどその物件ごとに税引き後のキャッシュフローをシュミレーションし、その物件にあった提案をさせて頂いております。

空室でお困りの方、少しでもお話が気になった方はお気軽に「満室の窓口」までお問い合わせ頂けますと幸いです。


↓関連動画はこちらから




関連記事

  • 事例紹介

    長期入居のお部屋の退去後、2DKの築27年アパートが家賃12,000円UPで成約!

    長期入居に伴い、発生する原状回復費用は高額になることが多い。 大きな金額をかけて元の状態に戻し近隣に合わせた相場賃料で募集するか、付加価値をつけた大幅なリノベーションを行い家賃アップして募集するかの2パターンで検討した事例。

    2019.04.15
  • 事例紹介

    全室リノベーションで入居率4%→100%!

    社員寮として利用されている物件。近年入寮の希望が無く、25部屋中24部屋も空室という状態。 全室リノベーション&敷金・礼金なし&インターネット無料で満室へ!!

    2019.04.27
  • 事例紹介

    空室期間1年以上のお部屋が家賃6,000円UPで工事完成後10日で成約!

    今回の空室改善事例は築33年の物件のお部屋をリノベーションし工事中に入居が決まった事例になります。

    2019.01.28
  • 事例紹介

    設備改善で年間収支300,000円の増収改善

    インターネット無料導入・新規設備導入で年間収支改善!

    2019.12.26