お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2021.10.05

満室の窓口

アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

アパートやマンションの賃貸経営について考えたときは、どこに相談したら良いのでしょうか。 

アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 

今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。


<目次>
1.アパート・マンション経営の相談の内容とは?
2.アパート・マンション経営の相談先
ーハウスメーカー
ー工務店
ー金融機関
ーファイナンシャルプランナー
ー税理士
ー役所の建築課
3.アパート・マンション経営には十分な検討を



アパート・マンション経営の相談の内容とは?

アパートやマンションの賃貸経営を始めようと考えたときは、そのプロセスによって相談先が変わってきます。 

まず、所有している土地やこれから買おうと考えている土地に適したアパートやマンションを建築することから始めますが、この場合は、建築会社やハウスメーカー、工務店に相談することになるでしょう。 

賃貸経営によって相続税対策ができるか、資金面などは、ファイナンシャルプランナーや金融機関、税理士が最適です。 

そして、経営面で力になってくれるのは、不動産会社がメインとなります。

このように、アパートやマンションの賃貸経営で相談する先は、段階によって変わってきます。

賃貸経営、相談窓口



アパート・マンション経営の相談先

では、アパートやマンション経営をする際は、どこに相談したら良いのでしょうか。

ここでは、シチュエーション別に相談先を紹介していきます。

ーハウスメーカー

全国的に展開している住宅メーカーであるハウスメーカーは、支店が多くあるので対応エリアが広く、人材や情報が揃っています。 

また、独自のブランドを持っているので、住宅の仕様や建築資材が統一化されてスムーズに建築されることや提供されるサービスの品質が高いことからアパートやマンションを建築するときは、安心して相談、依頼をすることができます。 

品質の良いアパートやマンションを建築し、アフターフォローも重視するのであればハウスメーカーに相談すると良いでしょう。

ー工務店

地域に密着した工務店は、住宅だけでなくビルや店舗、商業施設、土木工事など工事全般を行うこともできます。 

基本的に、ハウスメーカーよりも安価でアパートやマンションを建てることが可能です。

また、小回りも利くのでオーナーの要望に対応しやすいメリットがあります。 

予算やこだわりのアパート、マンションを建設したい場合は、信頼できる工務店に相談してみると良いでしょう。

ー金融機関

不動産の購入には多額のお金がかかるので、融資を受けることを考える人が多くいます。 

融資を相談するときは、銀行や信用金庫、保険会社、住宅金融支援機構などの金融機関に相談、依頼することになります。 

金融機関によって、住宅ローンやアパートローンに特化した融資を用意している場合や金利なども変わってくるので、なるべく多くの金融機関に相談して、自分に合ったタイプの融資を受けることが大切です。

ーファイナンシャルプランナー

資産運用や住宅ローン、生命保険などの相談に乗って、最適なプランを作成してくれる資金計画策定の専門家がファイナンシャルプランナーです。 

多くのファイナンシャルプランナーは、銀行や生命保険会社などに所属してその会社のサービスに関連したアドバイスが中心となりますが、独立しているファイナンシャルプランナーもいます。 

賃貸経営を含む不動産に関する相談であれば、資金面に強いファイナンシャルプランナーに相談すると良いでしょう。

ー税理士

賃貸経営によって収益を得た場合は、税金を納めなければなりません。 

しかし、不動産関係の税金は複雑で、間違えてしまうと追徴課税が発生するなどのトラブルに発展することもあります。 

そのため、専門的な知識を持っている税理士に相談することが大切です。

節税や納税、確定申告など、税金のさまざまな相談に対応してもらえます。

ー役所の建築課

一般的に建築確認申請などは、ハウスメーカーや工務店、建築士などに委託するので、自分で手続きをすることは、あまりありません。 

しかし、自分で確認するべきことが発生した場合は、土木事務所の建築確認審査窓口や市の建築指導課が相談に乗ってくれます。 

自治体によって名称が違うので、ホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

相談するときは、事前にどのようなものを用意したら良いのかを確認してから訪れるとスムーズです。



アパート・マンション経営には十分な検討を

アパートやマンションを経営するときは、それぞれの段階でわからないことがたくさんあります。 

そんなときは、相談内容に合った機関や人に相談することが大切です。

正しい相談先を知っておけば、時間を無駄にすることもなく的確な答えを知ることができるので、安心してアパートやマンションを経営することができるでしょう。



-----------------------------------------------------------
2.8ヶ月で満室の実績を誇る「満室の窓口」では、賃貸経営にお役に立つ情報を日々発信しています!

入居者ニーズの変化や新型コロナウイルス感染拡大などによって、時代の変化に応じた取組みが今まで以上に必要となってきました。

そこで、満室の窓口では、賃貸オーナーの皆様のお悩み、課題を安心安全な状態で解決するために、毎月オンラインセミナーを開催し、最新の賃貸経営情報をご提供しております。

石川県仲介件数8年連続No.1の「満室の窓口」が主催するオンラインセミナーは下記のバナーをクリック!
-----------------------------------------------------------

満室の窓口、リノベーション、リノッタ、空室対策 賃貸オーナー、賃貸経営、空室対策、メルマガ


関連記事

  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19
  • 空室対策

    賃貸物件に必要な点検項目まとめ

    賃貸物件を所有している場合、様々な点検は必要です。それらを怠ると法律違反となり、事故が起きた原因によっては、所有者様が責任を負わなければならないケースもあります。所有者様が責任を負わないよう、各種点検項目を見直しましょう。今回は、その各種点検についてご説明します。

    2021.05.06