お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

土地活用

2018.05.30

満室の窓口

土地活用を考える⑤ 資金計画

前回ではアパート・マンション経営の初めに必要な費用やアパートローンの条件のお話をしましたが、今回は実際の資金計画のポイントを紹介していきます。

 

■資金計画の傾向と対策

資金計画をする上で必要資金を全額借入れることは可能ですが、自己資金を入れることで収益性が上がります。

ただし、オーナー様の目的によってこの割合が変わるため、借入れをする際には目的に合った資金計画をしっかり立てる事が重要になります。

 


 

■返済期間

土地活用に対するニーズが多様化する現在では、以前のように25~30年といった長期にわたる返済期間の設定から、返済期間を短く設定する事業計画が増えています。

 


 

■金利の選択

アパートローンには、①固定金利 ②変動金利 ③固定金利選択型があり、それぞれ次のようなメリット、デメリットがあります。

 


 

このように、オーナー様の目的や現状によって資金計画の立て方も大きく変わります。

上記のように傾向と対策を踏まえながら、しっかりとした資金計画を立てることが重要です。

関連記事

  • 土地活用

    民泊から賃貸への転用 その方法と事例

    現在、新型コロナウイルスの影響で、インバウンドが減少している民泊市場。現況の長期化が予想され、民泊から賃貸への転用を考えているオーナー・経営者も少なくないです。今回は、転用を検討する際のチェックポイントとその内容(事例も交えて)を解説します。

    2021.07.09
  • 土地活用

    等価交換による土地活用とは?

    広い土地を所有している場合、大規模施設を建設して活用しようと考えることもありますが、大規模な施設を建設するためには莫大な資金が必要になるので、どうしたら良いのか悩んでいる土地オーナーもいるのではないでしょうか。今回は、そんなオーナーにとっておすすめの等価交換による土地活用について解説します。

    2021.05.20
  • 土地活用

    土地活用を考える⑧ 土地活用と相続税対策

    2018.05.30
  • 土地活用

    土地活用の計画から建物完成まで

    2018.05.30