お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

土地活用

2018.05.30

満室の窓口

3つの土地活用を比較

土地活用をお考えの方、または関心のある方は、『どの方法が一番安定性があるの?』 『結局、一番収益性が高いのはどれ』という疑問を抱かれる方も多いのではないでしょうか。

土地の条件や初期費用の問題、税金対策を目標とする場合など、それぞれによっては異なりますが、ひと坪でも数百坪でも、可能な土地活用方法はあります。
大事なのは、その場所にあった方法を選択する、ということです。

今回はアパート経営、駐車場経営、トランクルームの3つの活用方法を比較していきます。

 

①需要と条件の比較

 


 

アパート経営は年々、供給過多の傾向が続き入居者獲得の競争は激しくなっています。ある程度の広さが必要になってくるなど立地条件によっても左右されやすいので地域性などもしっかり考慮しておく必要があります。トランクルームは市場規模が拡大傾向にあり、年齢を問わず需要が見込まれます。駐車場経営の需要は比較的安定しています。狭小地からでも始められるのも魅力の一つです。

 

②初期投資から投資回収期間の比較

 


 

アパート経営は初期投資が高く、投資回収期間も長いのが特徴です。しかし、長期に渡る家賃収入により収益性は他の活用方法と比べて大きく、節税対策や多くのメリットがあるのが魅力です。

駐車場経営やトランクルーム経営は初期投資は少なく、投資回収期間も短いのが特徴です。しかし、競合も多く収益性としては安定しないリスクもあります。

アパート経営においても一概に「立地が良い」というだけでは、安定した入居を確保できるとは限りません。入居者データ分析、人口推移、将来的な土地開発の計画等をもとに、今回比較した初期費用、管理費用、投資回収期間、需要、土地条件を加え、満室経営で安定した収益をもたらすアパート経営を考える必要があります。

 今回3つの主な土地活用方法について比較してみましたが、『その土地の持つ魅力やメリット』、『時代のニーズ』なども含め多角的側面から刮目しなくてはなりません。

関連記事

  • 土地活用

    民泊から賃貸への転用 その方法と事例

    現在、新型コロナウイルスの影響で、インバウンドが減少している民泊市場。現況の長期化が予想され、民泊から賃貸への転用を考えているオーナー・経営者も少なくないです。今回は、転用を検討する際のチェックポイントとその内容(事例も交えて)を解説します。

    2021.07.09
  • 土地活用

    等価交換による土地活用とは?

    広い土地を所有している場合、大規模施設を建設して活用しようと考えることもありますが、大規模な施設を建設するためには莫大な資金が必要になるので、どうしたら良いのか悩んでいる土地オーナーもいるのではないでしょうか。今回は、そんなオーナーにとっておすすめの等価交換による土地活用について解説します。

    2021.05.20
  • 土地活用

    土地活用を考える⑧ 土地活用と相続税対策

    2018.05.30
  • 土地活用

    土地活用の計画から建物完成まで

    2018.05.30