お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

土地活用

収益性と最適な土地活用とは

一言で『土地活用』といっても、さまざまな種類・方法があり、それぞれ収益性も違います。

例えば、賃料収入はアパート・マンション経営などの「賃貸経営」「借地・駐車場経営」では大きく異なり、一般的に「借地・駐車場経営」よりも「賃貸経営」の方が賃料収入は大きくなります。

土地にアパートやマンションなどを建てて、入居者に貸すことにより坪当たりの賃料収入が大きくなり比較的安定した家賃収入が見込めます。

また税制面でのメリットも多く、土地活用方法の主流となっています。



 

しかしながら、実際に手元に残る金額は必ずしも「賃貸経営」の方が多いとは限りません。

「賃貸経営」では空室リスクはもちろん、建築費用等の初期費用を借り入れしている場合には、毎月の返済費用が必要となります。

また、毎月の管理費や修繕費といったランニングコスト(経費)がかかります。

 

その為、「賃貸経営」では、賃料収入 ― (経費 + 返済金額)が手元に残る金額となってしまいます。

固定資産税や都市計画税などを支払うとマイナスになってしまう・・・。なんてことにもなりかねません。

投資回収期間が長ければ長いほどこのリスクは高いので、借入金の規模や返済期間をよく考え、余裕を持った収支計画を行うことが大切です。


関連記事

  • 土地活用

    土地活用を考える③ 今注目の『戸建て賃貸』

    2019.09.21
  • 土地活用

    【pickupニュース】価格上昇で投資用不動産の買い時感が低下、売却・組み替えも進行

    2019.09.21
  • 土地活用

    土地を貸して地代収入を得る 定期借地権

    2019.09.21
  • 土地活用

    土地活用を考える⑦ アパート・マンション経営の利回り

    2019.09.21