お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2018.05.30

満室の窓口

後回しにしがち!?外壁塗装のタイミング!

所有されている物件において、外壁の痛みが目に見えるようになってきているにもかかわらず、

「雨漏りがないからまだいいだろう。」

 「工事金額が高いから放っておこう。」

と考えていませんか?

ある程度の痛みまでは塗装や補修で施工できますが、痛みの進行具合によってはガルバリウムという鉄板を貼る工事が必要になります。

 

 

ガルバリウムは一般的に耐用年数20年と言われております。

塗装工事は耐用年数10年と言われているのでガルバリウムは塗装の2倍長持ちします。

しかし、なんと工事金額は㎡単価で塗装の2.5倍以上になります。

 

通常の塗装ができるのであれば間違いなく金額面でお安くなりますので、是非お早めの工事をお勧めします。

関連記事

  • 空室対策

    【不動産市況レポート】民泊マーケットの拡大

    2018.05.30
  • 空室対策

    【pickupニュース】17年4月度、中古物件の成約件数がマンション・戸建とも減少

    2018.05.30
  • 空室対策

    知らないと恥ずかしい!リフォームとリノベーションの違い

    2018.05.30
  • 空室対策

    【日本一わかりやすい不動産投資】第9回、正しい賃料設定

    2018.05.30