お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

【日本一わかりやすい不動産投資】第10回、相場賃料と割高賃料 それぞれの収益

【相場賃料と割高賃料どちらがお得なのか?】

相場賃料と、割高賃料。一体どちらが多くの収益を得られるでしょうか。

一見、割高賃料のほうがお得に感じられます。実際に相場賃料と割高賃料を数値で比較してみましょう。

とある地域の平均空室率が20.8%と仮定して、相場賃料が5万円の場合はどうなるのでしょうか。

計算してみますと、年間収益は475,200円の入居率79.2%です。

一方、5.3万円と割高賃料の設定をしてみますと、相場賃料より高いため入居率は50%と下がります。

この状態で計算すると、年間収益は318,000円です。賃料を高く設定していたのに、相場賃料の方が収益が多くなりました。

このようなケースは少なくはなく、割高賃料で募集するよりも適正賃料で入居率を上げる方が、収益アップに繋がります。

 

【賃貸収益の方程式】

賃貸収益は「賃貸収益=賃料×稼働率」という、賃料と稼働率の掛算の方程式に基づいており、賃料と稼働率どちらも重要です。

賃料を上げるためには、人気設備の導入や、敷金・礼金を減らし、入居者の負担を軽減するなどの方法があります。

また、現状の間取りから問題点を汲み取り、 リノベーションをするなど、物件の商品力を上げていくしかありません。

今までの賃料から下げたくないという気持ちもよく分かりますが、割高賃料のままにすると入居率も悪くなり、 結果として収益が落ちてしまいますので、賃料決定の相場調査は重要です。

賃料相場は変動するので、どの方法を使えば 賃料が上がるのか考える必要があります。

 


関連記事

  • 空室対策

    【日本一わかりやすい不動産投資】第7回、日本の住宅寿命

    2019.07.22
  • 空室対策

    【pickupニュース】17年4月度、中古物件の成約件数がマンション・戸建とも減少

    2019.07.22
  • 空室対策

    【日本一わかりやすい不動産投資】第11回 家賃ダウンの罠

    2019.07.22
  • 空室対策

    【pickupニュース】国土交通省、平成29年地価公示による地価の状況をとりまとめ結果を公開

    2019.07.22