お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

【日本一わかりやすい不動産投資】第8回、時代の変化と賃貸経営

【お客様が主導権を握った】

 

お部屋の探し方が変化しています。

インターネットの発達により、簡単かつ短時間で沢山のお部屋を比較検討できるようになりました。


インターネットで吟味し、気に入ったお部屋に目星をつけてから来社される方が多くなっており、何社も不動産会社を回らなくても、お客様ご自身が納得できるような状況に変わってきています。

リクルートwebアンケートによると、2010年で40%、2013年の段階では半数以上の方が不動産会社を1社しか訪問しないと回答しました。

今やインターネットでさまざまな物件を調べ尽くしたお客様が、お部屋探しの主導権を握っているということです。

当然のことながら、インターネットに掲載された素敵なお部屋にはスポットライトが当たり、お客様に選ばれます。

インターネット上のお部屋の見せ方により、入居の決定が左右される。お部屋そのものの価値が重要視される時代が来たのです。

 


【変化の加速】


時代が変化するスピードは年々加速しています。

ここに興味深いデータがあります。

人口数は時代により多少異なりますが、「5,000万ユーザーを獲得するまでにかかった時間」を比較してみると、ラジオは38年、テレビは13年、iPodは3年、Facebookは2年、と今まででは考えられないスピードで拡大していくことがわかります。

インターネット上のサービスの開始時期もそれぞれ比較してみますと、youtubeは2005年2月、twitterは2006年7月、facebookは2006年9月と、驚くことに10年前にはどれも存在しなかったのです。

また、インターネット接続が可能な端末も急激に増加しています。今後は冷蔵庫やレンジなどの家電にも、インターネットが接続されることにより、より便利な時代が到来すると言われます。

賃貸経営の考え方も、インターネットを視野に入れ、大きく変化せざるをえない時代が到来しているのだと感じます。

関連記事

  • 空室対策

    【pickupニュース】価格上昇で投資用不動産の買い時感が低下、売却・組み替えも進行

    2019.09.21
  • 空室対策

    省エネが義務化?これからの住宅に求められる省エネの視点

    2019.09.21
  • 空室対策

    【pickupニュース】国土交通省、平成29年地価公示による地価の状況をとりまとめ結果を公開

    2019.09.21
  • 空室対策

    【日本一わかりやすい不動産投資】第10回、相場賃料と割高賃料 それぞれの収益

    2019.09.21