お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

アパート投資で気になる金利!アパートローンの今後の金利動向は?

投資しやすく、収益も得られやすいアパート経営

不動産投資の物件の種類としては、マンションやアパート、一戸建てなどがありますが、これらの中で、収益性が見込めて、なおかつ投資しやすいのはアパートではないでしょうか。


アパートに投資する場合は、アパートローンを利用することになりますが、アパートローンの利用にあたっては、ローン金利の動向が気になるところです。


アパートローンの金利は、今後、どのように推移していくのでしょうか。今後のアパートローン金利の動向について調べていくことにしましょう。


アパートローンとは?

アパートローンとは、アパートを取得する際に借り入れるローンのことです。アパートローンは、住宅を取得する際に利用する住宅ローンと似ているようにも感じられますが、両者には明確な違いがあります。


アパートローンと住宅ローンの違いは、アパートローンの方が、金利が高く設定されていることです。


その理由は、毎月の給与から安定的に返済される住宅ローンとは異なり、アパート経営においては、空き室が発生する可能性も考えられ、毎月一定の収入が得られるとは限らず、リスクが生じやすいためです。


金融機関としては、アパートローンのリスクを回避するために、金利を高めに設定しています。アパートローンの金利は金融機関によって異なりますが、おおむね2%台から4%台となっています。


アパートローン金利の今後の見通しについて

次に、アパートローン金利の今後の見通しについてみていくことにしましょう。


これまでの金利の動向については、日本銀行が発表している「長・短期プライムレート(主要行)の推移」が参考になります。


参照元:日本銀行 長・短期プライムレート(主要行)の推移

https://www.boj.or.jp/statistics/dl/loan/prime/prime.htm/


これによると、固定金利の目安となる長期プライムレートは、この2年間、0.90%から1.00%の範囲で推移しています。また、変動金利の目安となる短期プライムレートの最頻値は、2009年から1.475%のまま変わらない状況となっています。


また、日本銀行は1月23日に、「当面の金融政策運営について」を発表しました。


参照元:日本銀行 当面の金融政策運営について

https://www.boj.or.jp/


それによると、短期政策金利はマイナス0.1%、長期金利である10年物国債金利を0%になるよう誘導するとのことです。


今年もマイナス金利政策が継続することもあり、アパートローン金利については、前年と同水準で推移するものと考えられます。


アパートローンへの融資は、厳しい状況が続く

アパートローン金利については、今後も大きな変化が見られない模様ですが、アパートローンの融資に関しては、ここ最近、厳しい状況となっています。


その理由は、アパートの需要に対して、アパートの供給量が増加したためです。アパートの供給量が増加した理由としては、マイナス金利政策下において、アパートローンが低金利で推移してきたことがあげられます。


さらに、銀行にとっては金利が比較的高いアパートローンを貸し出すことで、収益が期待できるため、積極的な貸し出しを行っていました。


また、アパートを所有することで相続税対策につながることも、アパート供給量が増加する要因となります。


しかし、金融庁は、アパートの供給量が需要を上回るペースで増加していることを懸念したために、現在では、アパートローンの融資に対する審査は厳しくなっています。


今後、アパート経営を行う場合は、アパートの需要が高い場所であることを見極めた上で投資を行うこと、また、借り入れをする場合はフルローンではなく、頭金を用意した上で借り入れを行うことも必要となります。


アパート経営を行う場合、金利の面では有利な状況となっていますが、事前に事業見通しを立てた上で、計画的な経営を行うことが重要と言えるのではないでしょうか。


(画像は写真ACより)


関連記事

  • 事例紹介

    外壁を塗りなおすだけで印象アップ!

    紫外線や雨水により経年劣化する外壁も、 塗り直して明るく印象アップ!

    2019.04.27
  • 事例紹介

    和室から洋室変更で賃料3,000円UP

    ◆改善前の問題点 ・原状回復工事未完了のまま募集が出来ていない状態。 ・前任担当者から提案の動きが無く、提案が止まっていた。 ・作成されていた見積内容が提案無の通常原状回復仕上げの内容になっていた。 ・室内は建築当初からのままで、和室の単身物件。 ・空室数8室の内、募集中2室・募集保留/原状回復工事保留6室となっていた。 ◆実際に行った改善提案/改善手法 ・募集保留の内2室の再提案(和室⇒洋室)を訪問提案2回実施。 ・和室⇒洋室への変更、それ以外は必要最低限の内容で見積組立。 ・工事金額 空室①(2F):271,238円・空室②(2F):293,678円  ・家賃を2.9万円⇒3.2万円家賃引上げ(3,000円UP) ・工事完了直前に、空室②(2F)が申込となり契約完了。

    2019.12.26
  • 事例紹介

    設備改善で年間収支300,000円の増収改善

    インターネット無料導入・新規設備導入で年間収支改善!

    2019.12.26
  • 事例紹介

    間取変更で賃料5,000円アップ

    築28年の物件をニーズに合わせて効果的に改善!オーナー様の収入UP!

    2019.12.23