お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

税金対策

2018.05.29

満室の窓口

【pickupニュース】矢野経済研究所、2016年度住宅リフォーム市場規模は前年度比3.4%減の6兆2,311億円と推計

日々のニュースの中で不動産投資や賃貸経営、資産運用など暮らしに関わるニュースをピックアップしてます。
今回ピックアップするニュースはこちら!

2017年第1四半期の国内住宅リフォーム市場調査を実施

株式会社矢野経済研究所は5月30日、2017年第1四半期の国内住宅リフォーム市場に関する市場トレンド調査を実施し、そのサマリーを発表しました。

調査期間は2017年1月~3月の2017年第1四半期、調査方法は矢野経済研究所の専門研究員による市場規模算出、および文献調査を行いました。

住宅リフォーム市場とは、10平方m超の増改築工事、10平方m以下の増改築工事、設備修繕・維持関連、家具・インテリア等、の4分野のことです。

2017年第1四半期の住宅リフォーム市場は前年同期比2.5%増の1兆2,838億円

2016年度の年度ベースの住宅リフォーム市場規模は、速報値で6兆2,311億円、前年度比3.4%減と推計しています。

減少の要因として、依然として消費税増税の反動による駆け込み需要の影響、消費税再増税の先送りによるリフォーム需要の先送りなどにより、全般的に消費者のリフォーム需要が低迷しているといいます。

2017年第1四半期の住宅リフォーム市場規模は、速報値で1兆2,838億円となり、前年同期比2.5%増と推計しています。消費税増税前の2014年第1四半期以降の市場規模は、あまり変化なく1.2兆円台で推移しているとのことです。

2017年の市場トレンドは、消費税増税の延期で特に大型リフォームの動きが鈍化傾向にありますが、最近の景気・株価などの状況を考慮するとリフォーム需要に好影響を与えるものの、年間を通しては大きな変化は見られず、前年並みの需要で推移すると推測しています。

中古住宅の購入に関連するリフォーム需要は、堅調に推移しているとのことです。

ピックアップニュースは以上になります。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社矢野経済研究所のプレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1695.pdf

関連記事

  • 税金対策

    家賃収入がある場合の税金はいくら? 計算方法を解説

    今回は、家賃収入がある場合にかかる税金の種類や計算方法などを解説します。

    2022.08.25
  • 税金対策

    意外と知らない不動産取得の経費計上できる項目とは?

    今回は、不動産を取得したときに経費として計上できる項目とできない項目を解説します。

    2022.08.25
  • 税金対策

    アパート経営の経費って何?経費で落とせるものと落とせないものとは?

    アパートの経費を上手に計上すると節税効果が得られますが、何が経費で落とせるのかよくわからないこともあります。 アパート経営を始めたばかりのときは、特に頭を悩ませることが多いのではないでしょうか。 今回は、アパート経営で経費として落とせるものと落とせないものなどについて解説します。

    2022.01.27
  • 税金対策

    不動産家賃収入にかかる税金とは?

    賃貸物件を所有し家賃収入などがある場合は、税金を支払う義務が生じますが、どの収入に対してどのような税金がかかるのか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。 今回のコラムでは、不動産家賃収入にかかる税金と計算方法、確定申告の有無などについて解説します。

    2022.01.13