お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

入居者様に長く住んでもらうコツ

現在、賃貸経営されている物件の空室率は全国平均19%で、5戸あれば1戸は空いていてもおかしくない時代です。

空室対策にお金や時間を使い、満室になってもまた空いてしまい、空室対策に力を入れる。

このままではいつまでも、いたちごっこが続きます。

空室対策はもちろん、満室だからこそ長く住んでもらう為に対策を行うことが必要です。

それでは何を行えば良いのでしょうか。満室対策は沢山ありますが、効果的なものをご紹介いたします。

  

【人気設備を追加】

人気設備の導入で他物件との差別化を行い、満足度を高めることができます。

 

【美観の維持とメンテナンス】

定期清掃などを行い、常に物件を綺麗な状態に保つのも有効です。

 

【お困りごと、修繕などの対応】

設備不良や、入居者様のお困りごとには 24時間迅速に対応することが必要です。

 

【その他】

長期入居の場合の賃料減額やクーポン、 旅行券を進呈するのも効果的です。

関連記事

  • 空室対策

    外壁改修工事は本当に必要?

    2019.09.21
  • 空室対策

    【日本一わかりやすい不動産投資】第8回、時代の変化と賃貸経営

    2019.09.21
  • 空室対策

    【pickupニュース】価格上昇で投資用不動産の買い時感が低下、売却・組み替えも進行

    2019.09.21
  • 空室対策

    省エネが義務化?これからの住宅に求められる省エネの視点

    2019.09.21