お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

税金対策

2018.05.29

満室の窓口

不動産を売却するときは、所有期間にご注意!!!

不動産を譲渡して利益が出た場合、その利益を譲渡所得として所得税・住民税が課せられる事はご存知でしょうか? 実は不動産の譲渡は5年以上経過しているか、いないかで税金は大きく変わってしまいます。

譲渡所得は、売却不動産の取得費に売却費用を加算した額を、譲渡価格から差し引いた額です。

譲渡所得=譲渡価格-(取得費+売却費用)

そして不動産の譲渡税は期間によって、「長期譲渡所得」・「短期譲渡所得」に分けられます。ちなみに譲渡所得の計算のための不動産の所有期間は、売却した年の1月1日で所有期間が5年を超える土地等を売却した場合が「長期譲渡所得」に該当します。売却した年の1月1日で所有期間5年以下の土地等を譲渡した場合が「短期譲渡所得」に該当します。不動産の購入日から譲渡した日までの期間ではありません。税率は「短期譲渡所得」が39,63%、「長期譲渡所得」が20.315%となっています。

 

このように税率が倍近く違うので、不動産を譲渡する場合は所有期間を考慮されてみてはいかがでしょうか?

 ※尚、税率を計算するときは譲渡所得からさらに様々な特別控除が有ります。

関連記事

  • 税金対策

    家賃収入がある場合の税金はいくら? 計算方法を解説

    今回は、家賃収入がある場合にかかる税金の種類や計算方法などを解説します。

    2022.08.25
  • 税金対策

    意外と知らない不動産取得の経費計上できる項目とは?

    今回は、不動産を取得したときに経費として計上できる項目とできない項目を解説します。

    2022.08.25
  • 税金対策

    アパート経営の経費って何?経費で落とせるものと落とせないものとは?

    アパートの経費を上手に計上すると節税効果が得られますが、何が経費で落とせるのかよくわからないこともあります。 アパート経営を始めたばかりのときは、特に頭を悩ませることが多いのではないでしょうか。 今回は、アパート経営で経費として落とせるものと落とせないものなどについて解説します。

    2022.01.27
  • 税金対策

    不動産家賃収入にかかる税金とは?

    賃貸物件を所有し家賃収入などがある場合は、税金を支払う義務が生じますが、どの収入に対してどのような税金がかかるのか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。 今回のコラムでは、不動産家賃収入にかかる税金と計算方法、確定申告の有無などについて解説します。

    2022.01.13