お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

税金対策

2018.05.29

満室の窓口

貯蓄が出来て、節税に繋がる制度、ご存知ですか?

個人事業主や小規模の企業、経営者の方々にとって、節税効果の高い方法は無いか、常に考えていらっしゃると思いますが、なかなか考えつかないと思いますが

節税しながら将来の生活資金を確保できる国の制度があります。

それは「小規模企業共済」という制度です。

掛金を払い込んだ分だけ節税でき、将来の生活資金を確保できる、言わば退職金として受け取る事ができます。

 「小規模企業共済」制度のダブル節税効果

 掛金を払い込む際の節税効果

 ・払い込んだ掛金は、全額が所得控除の対象

 ・月額1、000円~7万円までの間(500円単位)で自由に設定可能

 共済掛金を受け取る際の節税効果

 ・一括で受け取る場合は、退職所得扱い

 ・分割で受け取る場合は、公的年金等の雑所得扱い

 この様に「小規模企業共済」には、掛金を払い込み際と受け取る際に節税効果が表れます。又、共済金は、事業を辞めた時や退職した時、配偶者や子に事業譲渡した時に受け取れます。受取方法も、一括・分割・一括と分割の併用の3つから選べます。一定の条件を満たせば、払い込んだ掛金の範囲内で、事業資金等の貸付も受けられます。個人事業主や小規模の企業、経営者の方々に、賢い選択として考えて見られてはいかがでしょうか?

関連記事

  • 税金対策

    賃貸経営に関わる「税金」まとめ

    賃貸経営を始めるときは、税理士などに任せるだけでなく、賃貸オーナー自身も関連する税金の知識を身に付けておくことが大切です。 今回は、固定資産税や不動産取得税などの賃貸経営を行う際に関わる税金の基礎知識について解説します。 賃貸経営をする際にどんな税金がかかるのかを知りたい人、必見です。

    2021.07.03
  • 税金対策

    ご存知ですか?「地震保険料控除」

    2018.05.30
  • 税金対策

    【日本一わかりやすい不動産投資】第5回、キャッシュフローツリー

    2018.05.30
  • 税金対策

    法人化のタイミングって?〜個人事業主と法人の比較〜

    今回は「法人化」を検討する方法についてお話しさせて頂きます。個人事業主の方であれば、1度は「法人化」を悩まれたことがあるのではないでしょうか? そんな、個人事業主の皆さんの悩み、「法人化」のタイミングを税金の方向からご説明いたします。「法人化」したときの、ポイントなどを解説しながらまとめていますので是非ともご覧ください。

    2020.09.09