お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

税金対策

2018.05.29

満室の窓口

役員の自宅を法人経費として節税できる

物件を法人で購入している人は、検討したいのが社宅です。個人で自宅を購入しても、住宅ローンの金利や、固定資産税、減価償却費などを所得税における必要経費にできませんが、法人で購入することでこれらの経費を法人税における損金することができます。購入した自宅を役員住宅として貸すことで社宅とします。また、要件に該当すれば、役員が会社に払う家賃もとっても低くなります。例えば、次のようなマンションを社宅にしたとします。

これを計算すると、社宅としての賃料相当額は12,454円になります。この家賃でマンションに住むことができます。ただし、この計算式で出た金額を超えると、差額が給与となってしまいますのでご注意ください。


関連記事

  • 税金対策

    賃貸経営に関わる「税金」まとめ

    賃貸経営を始めるときは、税理士などに任せるだけでなく、賃貸オーナー自身も関連する税金の知識を身に付けておくことが大切です。 今回は、固定資産税や不動産取得税などの賃貸経営を行う際に関わる税金の基礎知識について解説します。 賃貸経営をする際にどんな税金がかかるのかを知りたい人、必見です。

    2021.07.03
  • 税金対策

    ご存知ですか?「地震保険料控除」

    2018.05.30
  • 税金対策

    【日本一わかりやすい不動産投資】第5回、キャッシュフローツリー

    2018.05.30
  • 税金対策

    法人化のタイミングって?〜個人事業主と法人の比較〜

    今回は「法人化」を検討する方法についてお話しさせて頂きます。個人事業主の方であれば、1度は「法人化」を悩まれたことがあるのではないでしょうか? そんな、個人事業主の皆さんの悩み、「法人化」のタイミングを税金の方向からご説明いたします。「法人化」したときの、ポイントなどを解説しながらまとめていますので是非ともご覧ください。

    2020.09.09