お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資

2018.05.31

満室の窓口

【pickupニュース】17年上半期の首都圏新築戸建成約価格、わずかに上昇

日々のニュースの中で不動産投資や賃貸経営、資産運用など暮らしに関わるニュースをピックアップしてます。

今回ピックアップするニュースはこちら!


アットホームが首都圏の最新新築戸建価格動向データを公開

アットホーム株式会社は23日、全国不動産情報ネットワークのデータをもととした、2017年上半期(1月~6月)の首都圏における「新築戸建分譲住宅」価格動向調査結果を公開しました。調査対象物件数は、登録が57,382件、成約が11,385件となっています。


・首都圏新築戸建価格動向

平均成約価格:3,436万円(前期比+0.3%、前年同期比+1.6%)

登録価格比:価格差-18万円/乖離率-0.5%


・首都圏成約物件価格帯別割合

2,000万円未満:5.3%(前期比+0.7ポイント)

2,000万円台:35.0%(前期比-1.5ポイント)

3,000万円台:35.9%(前期比-0.1ポイント)

4,000万円台:16.4%(前期比+0.6ポイント)

5,000万円以上:7.4%(前期比+0.3ポイント)


・駅からの徒歩所要時間別割合

5分以下:5.3%(前期比-0.3ポイント)

10分以下:17.9%(前期比-1.2ポイント)

15分以下:25.0%(前期比-0.8ポイント)

20分以下:19.3%(前期比+1.9ポイント)

20分超・バス便:32.5%(前期比+0.4ポイント)


平均成約価格は、前期からわずかに上昇し、3,436万円で4期連続のプラスとなりました。2,000万円未満の物件割合が増加する一方、4,000万円台、5,000万円以上も増加し、二極化が進行しています。駅からの所要時間では、駅近物件の成約が減少しており、20分超・バス便が最多となるなど、立地条件を妥協するケースが増えてきているようです。


・エリア別新築戸建成約価格動向および登録価格比

東京23区:4,830万円(前期比-2.2%)/価格差-189万円、乖離率-3.8%

東京都下:3,693万円(前期比+1.9%)/価格差-144万円、乖離率-3.8%

横浜・川崎市:4,071万円(前期比+0.7%)/価格差-239万円、乖離率-5.5%

神奈川県下:3,055万円(前期比+0.2%)/価格差-130万円、乖離率-4.1%

埼玉県:2,969万円(前期比-0.4%)/価格差-154万円、乖離率-4.9%

千葉県:2,717万円(前期比-2.3%)/価格差-100万円、乖離率-3.5%


エリア別にみた成約価格では、これまで3期連続全エリアが前期比プラスの上昇基調にありましたが、今回は東京23区が7期ぶりのマイナスになるなど3エリアが下落となりました。あわせて登録価格との乖離率が全エリアで拡大、価格上昇に消費者がついてこられなくなっている傾向がうかがえます。


成約最多は3,000万円台もニーズは分散

・エリア別成約物件価格帯割合

【東京23区】

2,000万円未満:なし

2,000万円台:2.2%(前期比-0.6ポイント)

3,000万円台:30.6%(前期比+1.2ポイント)

4,000万円台:30.9%(前期比+4.7ポイント)

5,000万円以上:36.3%(前期比-5.3ポイント)


【東京都下】

2,000万円未満:1.7%(前期比+0.7ポイント)

2,000万円台:21.5%(前期比-6.0ポイント)

3,000万円台:45.3%(前期比+3.6ポイント)

4,000万円台:24.0%(前期比+0.8ポイント)

5,000万円以上:7.5%(前期比+0.9ポイント)


【横浜・川崎市】

2,000万円未満:なし

2,000万円台:6.1%(前期比+1.2ポイント)

3,000万円台:50.4%(前期比-3.1ポイント)

4,000万円台:33.4%(前期比+0.9ポイント)

5,000万円以上:10.1%(前期比+1.0ポイント)


【神奈川県下】

2,000万円未満:6.2%(前期比-0.2ポイント)

2,000万円台:46.6%(前期比-1.0ポイント)

3,000万円台:37.9%(前期比+2.5ポイント)

4,000万円台:8.7%(前期比-1.3ポイント)

5,000万円以上:0.6%(前期比同値)


【埼玉県】

2,000万円未満:7.7%(前期比+1.1ポイント)

2,000万円台:51.5%(前期比-1.2ポイント)

3,000万円台:33.0%(前期比+0.4ポイント)

4,000万円台:6.6%(前期比-0.7ポイント)

5,000万円以上:1.2%(前期比+0.4ポイント)


【千葉県】

2,000万円未満:13.2%(前期比+2.4ポイント)

2,000万円台:61.2%(前期比+1.9ポイント)

3,000万円台:19.0%(前期比-5.1ポイント)

4,000万円台:6.2%(前期比+0.8ポイント)

5,000万円以上:0.4%(前期比同値)


全体での最多成約物件は3,000万円台となり、僅差で2,000万円台も続きました。エリア別では東京23区で5,000万円以上、東京都下、横浜・川崎市は3,000万円台、神奈川県下、埼玉県、千葉県では2,000万円台が売れ筋です。23区での高額物件減少など一部で低価格志向もみられていますが、4エリアで最多価格帯の割合が低下し、ユーザーニーズの分散化が目立つ結果となりました。


・沿線別成約数ランキング

1位:小田急小田原線

2位:JR東海道本線

3位:東武伊勢崎・大師線

4位:西武池袋・豊島線

5位:東武野田線


・沿線別登録数ランキング

1位:東武野田線

2位:東武伊勢崎線・大師線

3位:小田急小田原線

4位:JR東海道本線

5位:JR京浜東北・根岸線


成約最多となったのは、小田急小田原線沿線でした。同沿線では、東京23区の成約価格が前期比7.4%上昇の6,216万円となるなど、好立地物件が選択されてもいます。一方で登録数トップ、成約数で5位の東武野田線沿線では、埼玉県・千葉県とも同沿線の成約価格が前期比マイナスとなっており、多数の供給を背景に、よりリーズナブルな物件が選ばれていることがうかがわれました。


ピックアップニュースは以上になります。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!


(画像はプレスリリースより)

(調査内容・アットホーム調べ)



▼外部リンク


アットホーム株式会社 ニュースリリース(プレスリリース)

http://athome-inc.jp/

関連記事

  • 不動産投資

    自主管理と管理委託はどちらがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットを知ろう!

    今回のコラムでは、賃貸物件の管理方法とそれぞれのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

    2022.06.18
  • 不動産投資

    ウッドショックが襲来!?気になる原因と今後の見通し。ハウスメーカーや工務店の対応は?

    今回のコラムでは、ウッドショックの原因や気になる今後の見通しなどについて解説します。

    2022.06.09
  • 不動産投資

    不動産投資でFIREを目指せ!夢の早期退職を実現させるためのポイント

    今回のコラムでは、不動産投資がFIREに向いている理由や実現させるポイントを紹介します。

    2022.04.28
  • 不動産投資

    非常識な賃貸経営!?リノベ成功法則とは?

    今回は、過去のセミナーから反響の多かった高利回りを実現したリノベ成功事例を紹介します。

    2022.04.15