お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資

2018.05.31

満室の窓口

【pickupニュース】東京カンテイ調べ、6月の首都圏新築小規模一戸建て住宅平均価格は4,032万円で下落傾向

日々のニュースの中で不動産投資や賃貸経営、資産運用など暮らしに関わるニュースをピックアップしてます。

今回ピックアップするニュースはこちら!


6月の主要都市圏・主要都市別の新築小規模一戸建て供給動向

株式会社東京カンテイは7月6日、2017年6月における主要都市圏・主要都市別の新築小規模一戸建て供給動向を発表しました。


新築小規模一戸建て住宅とは、土地面積50平方m以上100平方m未満で木造の所有権物件です。


供給戸数の増加に伴い、6月の住宅価格は全都県で下落

2017年6月首都圏の新築小規模一戸建て住宅の平均価格は、前年同月比0.4%減、前月比2.5%減の4,032万円と2か月連続の下落です。


住宅の供給戸数は、前年同月比40.1%増、前月比10.3%増の2717戸で、前月から反転上昇しました。


都県別では、東京都の平均価格は、前年同月比0.8%減、前月比3.5%減の4,884万円と3か月連続の下落となりました。供給戸数は、それぞれ39.6%増、7.7%増の1319戸と、反転上昇しました。


神奈川県の平均価格は、前年同月比1.1%減、前月比0.4%減の3,814万円で東京都と同様3か月連続下落でした。供給戸数は、それぞれ38.5%増、11.5%増の716戸で、700台を回復しました。


千葉県の平均価格は、前年同月比0.9%増、前月比0.5%減の3,338万円で、2か月連続下落でした。供給戸数は、それぞれ58.9%増、24.3%増の143戸で、反転上昇しました。


埼玉県の平均価格は、前年同月比4.0%増、前月比3.9%減の3,365万円で、3か月ぶりの下落でした。供給戸数は、それぞれ39.3%増、11.8%増の539戸となり、500台を超えました。


供給戸数の増加に伴い、6月の住宅価格は全都県で下落しました。


主要都市別では、東京23区の住宅価格は、前月比2.2%減の5,703万円と2か月連続下落でした。東京都下は、同0.7%増の3,923万円と、反転上昇しました。


横浜市は同0.3%増の3,992万円、川崎市は同5.6%増の4,312万円、相模原市は同1.4%増の3,379万円、千葉市は同8.1%減の2,984万円、さいたま市は同2.7%減の3,937万円でした。


ピックアップニュースは以上になります。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!


(画像はプレスリリースより)



▼外部リンク


株式会社東京カンテイのニュースリリース

https://www.kantei.ne.jp/

関連記事

  • 不動産投資

    【pickupニュース】京王線沿線、最も住みたい街・流行りそうな駅トップに「調布」

    2018.05.31
  • 不動産投資

    【pickupニュース】東京オフィスでなお続く賃料上昇・JLL調べ

    2018.05.31
  • 不動産投資

    【pickupニュース】注目のホームステージング、実施で売却価格は平均23万円アップ!

    2018.05.31
  • 不動産投資

    【pickupニュース】全市区町村の約3割が空家等対策計画を策定

    2018.05.31