お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

空室期間1年以上のお部屋が家賃6,000円UPで工事完成後10日で成約!

1. 物件プロフィール

①構造 RC(鉄筋コンクリート)造
②築年数 33年
③階数 6階
④間取り/世帯数 1DK/40戸
⑤居室㎡数 34㎡
⑥入居率 90%



2. 改善前の問題点

相談をいただいたときは、1室上階からの水漏れにより原状回復するだけでも100万円超えるお部屋が1室ございました。

ただ1室100万円ほどのリフォームを以前2部屋したが決まるのに苦戦した経験もあり、

オーナー様は大きな金額を掛け修繕して貸すメリットがないのではと1年以上空室のままになっていました。

ただ元々立地が良いため和室6畳の1DKでも未修繕の部屋以外決まっていたが、まとまって3室空室となり、家賃を引き直したり、

最低限の設備満室(温水暖房洗浄便座やTVモニター付インターフォン)は取入れても、浴室だけ以前入替えていましたが、

和室であったり、新築当初からのキッチンや洗面台など満室にするというのは厳しい状況となっていました。



3.実際に行った改善提案/改善手法

前回のリフォームに比べ、金額がかかる170万円のリノベーションをご提案しました。

1DKの間取りを間仕切りを取っぱらい、10畳の1Rにしました。元々6畳に押入れがありましたが、

押入れを壊しデスクとして使えるカウンターを設置、キッチンの背面に大きなクローゼットを用意し、

多くの時間を過ごす空間をできる限り広くしました。お風呂とトイレ以外の水回りは一新し、

この時はターゲットを20代男性に絞ったRC構造を剥き出しと黒いクロスを使用したデザインにしました。



4. 改善後の結果

家賃を8,000円アップでご提案していたが、オーナー様が前回のように決まらないのは困ると6,000円アップで行きたいと言われ

8,000円アップで決まるとお伝えしましたが、オーナー様の要望通り6,000円アップで募集し、工事中にご成約となりました。

その後、空室になったお部屋全てリノベーションを行っていく方向性と決まり、現在(2019.1時点)では20室がリノベーションされ、

工事完成後、10日後の成約というのが最長でほとんど工事中にご成約をいただいています。

2室目以降のデザインは性別を絞らず20代30代の方が一人暮らししたくなるようなデザインで1棟で色んなデザインにしているので、

同じ期間に空いてきても同じ建物内で競合となるようにしています。

また現在では家賃は当初の8,000円アップを超える10,000円アップの賃料でご成約となっております。


関連記事

  • 事例紹介

    長期入居のお部屋の退去後、2DKの築27年アパートが家賃12,000円UPで成約!

    長期入居に伴い、発生する原状回復費用は高額になることが多い。 大きな金額をかけて元の状態に戻し近隣に合わせた相場賃料で募集するか、付加価値をつけた大幅なリノベーションを行い家賃アップして募集するかの2パターンで検討した事例。

    2019.08.26
  • 事例紹介

    空室率60%の築33年木造アパートが管理後4ヶ月で満室に!

    今回ご紹介するのは、築33年の木造アパート。 オーナー様からご相談がきた当時は空室率は60%とかなりの苦戦物件となっておりました。

    2019.08.26
  • 事例紹介

    2DKの築25年アパートが家賃13,000円UPで成約!

    今回の空室改善事例は築25年の物件をリノベーションし、賃料が13000円UPし1ヶ月で成約になった事例になります。

    2019.08.26
  • 事例紹介

    ある「 設備 」を付けただけで空室物件が満室に!!

    空室期間の長期化など問題が年々増えてきており。家主様自身が今後の物件の運用に悩まれていた・・・。

    2019.08.26