お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

賃料ダウンを防ぐ! 最新の修繕提案

退去が出るたびに長期空室になってしまう・・・

そんなお部屋ありませんか?

そういう時は通常の原状回復だけでは反響も乏しく家賃ダウンをせざる得ない状況になってしまうこともしばしば・・

今回の事例もそのような長期空室と家賃ダウンにお悩みのオーナー様からでした。


退去が出るたびに長期空室期間になる傾向にある物件で、賃料の減額が難しいとの要望をいただいていおり、原状回復+設備追加での募集は難しいと判断しました。



そこで投資額を抑えながらお部屋の反響が見込めるワンポイントリノベーション(リノッタカラーズ)をご提案。

当時、同じ物件で原状回復のみ行ったお部屋も空室となっており、お客様に案内時に比較検討していただけるようしました。さらにネットに変更後の写真を掲載し反響UPにつながった。



結果、賃料を通常の原状回復後のお部屋と比較し+2,000円UP!  工事完了後20日後に申し込みを頂きました。


関連記事

  • 事例紹介

    ある「 設備 」を付けただけで空室物件が満室に!!

    空室期間の長期化など問題が年々増えてきており。家主様自身が今後の物件の運用に悩まれていた・・・。

    2019.08.19
  • 事例紹介

    2DKの築25年アパートが家賃13,000円UPで成約!

    今回の空室改善事例は築25年の物件をリノベーションし、賃料が13000円UPし1ヶ月で成約になった事例になります。

    2019.08.18
  • 事例紹介

    空室率60%の築33年木造アパートが管理後4ヶ月で満室に!

    今回ご紹介するのは、築33年の木造アパート。 オーナー様からご相談がきた当時は空室率は60%とかなりの苦戦物件となっておりました。

    2019.08.18
  • 事例紹介

    見落としがちな基本的な整備をするだけで満室に!?

    「お部屋はまずネットで探す」というのが当たり前になっている中、 物件や居室内の写真も非常に重要になってきています。 今回ご紹介するのは原状回復が満足にできておらず、そのために内観写真も古臭く感じてしまうため空室が埋まらないとのご相談を受けた例になります。

    2019.08.18