お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

全室リノベーションで入居率4%→100%!

1.改善前の問題点

某企業の社員寮として建築使用されてきたが、近年では入寮の希望が無く、入室は25室中1室のみとなっておりました。

企業の担当者様は取り壊して、新築を建設することも考えておりました。


2.実際に行った改善提案/改善手法

まだ築年数的にも使用できるため、取り壊すのは少し勿体ないと考え、

・リノベーション

・敷金・礼金無し

・インターネット無料化

を利用した、物件再生を提案させていただきました。

空室数は24室でしたが、1室入っていた従業員様にも退寮をお願いして、25室を4パターンに分けてリノベーションさせていただきました。

今回のお部屋は白を基調として建具も入れ替えております。元々3点ユニットでしたが、分離させてフロ・トイレを分離させました。


しかし、室内をどんなにリノベーションしても建物の顔であるべき外観に魅力がなければ、入居促進の足枷になり、早期退出にも繋がってしまうと考え、外観及び共用部分のリニューアルを行いました。

・外壁塗装

・高圧洗浄

・駐車場ラインの引き直し

・共有照明の交換



3.改善後の結果

繁忙期最中の2月に完工するように工期を設定し、1月より募集開始。2か月後の3月には全ての居室を満室にすることができました。

収入もほぼ無く、活用もされていない建物でしたが、41,000円(端部屋1,000円UP※駐車場別)で設定して、入室になっております。


建物全体にかけた費用は38,700,000円ですが、毎月936,000円(駐車場別)の賃料収入が発生しているため、投資利回りは表面29.0%となっており、退室もありますが、2年間ほぼ満室状態で当初計画通りに運用できております。


関連記事

  • 事例紹介

    築28年の物件を満室にした空室対策事例を大公開 !

    「満室の窓口LIVE」では、Fecebookにて毎月第2火曜日の19時より「賃貸経営に役に立つ内容」を生配信しています。1月12日に第5回目を配信しました。第5回目は、満室の窓口石川県庁前店の山口と、福岡店・株式会社リアライフ福嶋様(中級不動産経営改善士)、古河店・株式会社オクスト宮永様(中級不動産経営改善士)、札幌店・株式会社三光不動産 嶋田様(中級不動産経営改善士)をゲストにお迎えしました。今回は古河店の満室事例を紹介していただきましたのでそちらの事例をご紹介いたします。

    2021.02.03
  • 事例紹介

    長期入居のお部屋の退去後、2DKの築27年アパートが家賃12,000円UPで成約!

    長期入居に伴い、発生する原状回復費用は高額になることが多い。 大きな金額をかけて元の状態に戻し近隣に合わせた相場賃料で募集するか、付加価値をつけた大幅なリノベーションを行い家賃アップして募集するかの2パターンで検討した事例。

    2019.04.15
  • 事例紹介

    賃料減、入居者層拡張で満室へ!

    賃料53,000円以上!さらに女性&学生のみ入居可能のハイグレードアパート。 賃料の値下げと、ターゲット層拡張で満室物件に!!

    2019.04.27
  • 事例紹介

    若い世代をターゲットに間取り変更。リフォーム後わずか2週間で申込

    若い世代にニーズの高い2LDKに間取り変更をすることで、募集賃料を65,000円→75,000円、10,000円アップで募集。 募集後、わずか2週間で申込が入りました。 なぜ、2週間で申込になったのか? 早期申込に繋がったリフォーム内容についてご説明します。

    2020.11.23