お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

設備改善で年間収支300,000円の増収改善

Ⅰ、物件プロフィール

①構造:木造 ②築年数:築31年 ③階数:2階建て

④間取り/世帯数:1K/10戸 ⑤居室平米数:15.45㎡ ⑥入居率:70%


Ⅱ、改善前の問題点

【収支状況】

・現在入居中7室(3室空室)家賃収入204,000円(満室時293,000円)

 家主様より以前は賃料値下げ交渉が主体となり、決めてくれるのであればと了解をしていたが

 正直収支状況が合わなくなってきている。満室想定時で300,000円は切りたくないとの要望がございました。

 賃料も各世帯で違いがあり統一が図れていなかった。

【建物状況】

・1階部分に網戸が無く入居者様より設置希望が来ていた。

・TVモニターホンが無くセキュリティー面に不安があった。

・近隣物件ではインターネット無料が増えているが未対応の為、退去リスクを抱えていた。


Ⅲ、実際に行った改善提案/改善手法

【収支状況】

・Jcomインマイルームキャンペーン提案、実施(TVコンパクトB/NET120M無料wifi)

・現在空室となった101号室、102号室、104号室についてはTVモニターホン、網戸の設置

・LED照明についても退去毎に標準設備提案の実施と設置


上記対応を行い賃料30,000円、共益費1,000円に統一

既存入居者に対しては更新時に変更の旨を随時報告

全体として17,000円の賃料増額


Ⅳ、改善後の結果

CF状況

・改善前年間(1室辺り)

(オリバーゼロプラン 家賃28,000円 共益費0円 期間5年間 入退去2回 空室期間6ヶ月 運営費15%)

 EGI1,223,600円 NOI779,600円

・改善後年間GPI

(オリバーゼロプラン 家賃30,000円 共益費1,000円 期間5年間 入退去2回 空室期間1ヶ月 運営費15%)

 EGI1,623,780円 NOI1,085,780円 306,180円の増収見込み

総評

・元レオパレス物件となり、家賃値下げをして決定をしている現状からリフォーム提案、Jcomインマイルーム提案を行う事で近隣物件と見劣りしない物件になったと考えます。オーナー様の収益を考え今後の提案に活かしたいと考えます。

関連記事

  • 事例紹介

    築28年の物件を満室にした空室対策事例を大公開 !

    「満室の窓口LIVE」では、Fecebookにて毎月第2火曜日の19時より「賃貸経営に役に立つ内容」を生配信しています。1月12日に第5回目を配信しました。第5回目は、満室の窓口石川県庁前店の山口と、福岡店・株式会社リアライフ福嶋様(中級不動産経営改善士)、古河店・株式会社オクスト宮永様(中級不動産経営改善士)、札幌店・株式会社三光不動産 嶋田様(中級不動産経営改善士)をゲストにお迎えしました。今回は古河店の満室事例を紹介していただきましたのでそちらの事例をご紹介いたします。

    2021.02.03
  • 事例紹介

    長期入居のお部屋の退去後、2DKの築27年アパートが家賃12,000円UPで成約!

    長期入居に伴い、発生する原状回復費用は高額になることが多い。 大きな金額をかけて元の状態に戻し近隣に合わせた相場賃料で募集するか、付加価値をつけた大幅なリノベーションを行い家賃アップして募集するかの2パターンで検討した事例。

    2019.04.15
  • 事例紹介

    賃料減、入居者層拡張で満室へ!

    賃料53,000円以上!さらに女性&学生のみ入居可能のハイグレードアパート。 賃料の値下げと、ターゲット層拡張で満室物件に!!

    2019.04.27
  • 事例紹介

    若い世代をターゲットに間取り変更。リフォーム後わずか2週間で申込

    若い世代にニーズの高い2LDKに間取り変更をすることで、募集賃料を65,000円→75,000円、10,000円アップで募集。 募集後、わずか2週間で申込が入りました。 なぜ、2週間で申込になったのか? 早期申込に繋がったリフォーム内容についてご説明します。

    2020.11.23