お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2020.02.19

満室の窓口

アパート経営|建物共用部NG事例集

今回はアパート経営に欠かせないお部屋に入るまでのエントランス、共用部分のNG事例集をご紹介させて頂きます。 

アパート経営をするにあたり、物件の共用部分はその建物の第一印象を決める最も重要な場所です。

 お部屋の空室改善も大事ですが、見落としがちな共用部分についてお話させて頂きます。 


①ポスト 広告防止シールが多すぎるはNG 

部屋を探しているお客様からすると、「空室が多い物件=人気のない物件」といったイメージを定着させてしまいます。 


②チラシが散乱はNG

 マナーの悪い人が住んでいるといったイメージを定着させてしまいます。 

こういったところも定期清掃の業者などに依頼し日頃から綺麗な状態を保ちましょう。


 ③ポストシール剥がし跡NG

 今の時代の入居者のほとんどはポストにシールは貼りません。 

ですのでシール跡が目立つとそれだけでイメージダウンとなります。


 ④掲示板劣化&不要掲示物ありはNG

 期限が過ぎている掲示物がある・・・ 

掲示板自体が劣化している・・・ 

マイナスな広告がある・・・

 ※「たばこのポイ捨て禁止」などの「~禁止」といった広告も使わないようにしましょう※ 

これらの状態はイメージダウンとなります。 定期的な清掃を心がける必要があります。


 ⑤ドアノブ異常はNG 

お部屋の外から見えるため、「この建物は管理が悪いな」といったマイナスイメージを定着させる結果となります。


 ⑥共用部分に放置物がある&床にコケがある状態はNG

 特にコケはマイナスイメージとなるため、高圧洗浄を入れ物件の美化を保ちましょう。 


⑦サインの劣化はNG

 劣化しやすいプラスチックの放置はしない。

コストも安いので即交換を心がけましょう。


 ⑧掲示物の縦横逆はNG

 些細なことですが「みっともない印象」を与えてしまいます。 


以上、賃貸アパート経営をするうえで必要不可欠なNG事例でした。


 アパートの空室対策ときくとついついお部屋の改善に目が生きがちですが、共用部分の美化に努め建物自体の第一印象アップにつなげていきましょう!! 


動画で更に詳しく解説させて頂きましたので是非ともご覧ください!!

☆YouTubeチャンネル登録はコチラ↓↓ 

http://www.youtube.com/channel/UCYZlKIhuDaJpiUu6KZIBZ3Q?sub_confirmation=1 

「満室の窓口」ではアパート経営に関わる内容の勉強会を開催中です! 

不動産の基礎からキャッシュフローまで、内容満載でお届けします。 全国に店舗がありますので、 まずはお近くの店舗をチェックしてみてください! 

☆空室対策のことからセミナー情報、満室の窓口の日常など情報満載!! 

満室の窓口Facebook

https://www.facebook.com/manshitsu/

☆資格勉強会を探す 

https://manshitsu.life/study

☆賃貸経営セミナーを探す

https://manshitsu.life/seminar

関連記事

  • 空室対策

    宅配ボックスを設置して空室対策する方法とは

    今回は、宅配ボックスについてリサーチしてみました。

    2022.08.22
  • 空室対策

    コロナ禍で必要になった賃貸設備とは?

    今回は近年の賃貸市場の様子と、苦戦物件のビフォー・アフターを改善提案の内容も含めてご紹介いたします。

    2022.05.12
  • 空室対策

    賃貸オーナー必見!原状回復のガイドラインと費用負担ルールを解説

    今回のコラムでは、原状回復のガイドラインと費用負担のルールについて解説します。

    2022.05.12
  • 空室対策

    入居が決まるお部屋づくりのポイント「アクセントクロス」とは?

    今回は、入居が決まるためのお部屋づくりのポイント「アクセントクロス」について説明します。

    2022.02.21