お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2020.02.22

満室の窓口

アパート経営|利回りアップの賃貸リノベーション

今回は長いアパート経営の中で空室苦戦物件を賃貸リノベーションで改善した事例をご紹介させて頂きます。


 今回のお部屋は空室期間572日と長期的な空室に悩まされていた賃貸物件となります。 

外観は特に悪いところもなく、外観の印象は変える必要がありませんでした。

アパート経営をする中でこのような悩みがとても多い為、私共はリノベーションの力で物件再生を行い入居率アップへ繋げています。


■物件概要 

間取り:2LDK ※メゾネットタイプ 

平米数:65.52㎡ 

施工年数:2002年7月 

【空室期間】

 572日 

【空室原因】 

・相場賃料より高い

 ・ライバルが多い


 比較的綺麗な賃貸物件のため、空室対策として賃料の再設定(適正価格へ変更)とデザインで差別化を行うこととなりました。 

賃貸リノベーションのシュミレーションソフトでいくらの工事金額をかければ、いくら賃料をあげれるかを比較見当を行いながら比較的最小限の賃貸リノベーションを行いました。


 ■施工後のデザイン

 天井にカラークロスと照明はダウンライトにすることで、「デザイン」での差別化を実現することができました。 デザインも良くなり家賃は2,000円アップ、結果として施工後3ヶ月で成約となり物件自体も満室となりました。


 今回の改善として、

①家賃を適正価格に修正 

②デザインをお部屋に加える

 上記を満たすことで満室経営へつなげる事ができました。


 空室に困っているオーナー様や家賃の下落で苦しんでるオーナー様など また今後のアパート経営に不安に思われているオーナー様など 是非 お気軽に満室の窓口にご相談いただければと思います!! 


今回の賃貸リノベーションの事例は動画でも詳しく解説させて頂いておりますので是非ともご覧ください。

☆YouTubeチャンネル登録はコチラ↓↓ 

http://www.youtube.com/channel/UCYZlKIhuDaJpiUu6KZIBZ3Q?sub_confirmation=1

☆空室対策のことからセミナー情報、満室の窓口の日常など情報満載!! 

満室の窓口Facebook

https://www.facebook.com/manshitsu/

☆資格勉強会を探す 

https://manshitsu.life/study

☆賃貸経営セミナーを探す

https://manshitsu.life/seminar

関連記事

  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05
  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19