お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2020.03.26

満室の窓口

リノベーション提案で大家さんのアパート経営をサポート!!

■大家さんのアパート経営をサポートする、岸さんの満室事例シリーズ第二回目!


Q今日はどんな事例を紹介してくれますか?

▼物件概要

・築30年

・1DK

・総戸数16戸

今回は16戸中7戸をリノベーションしている、数あるアパート経営のなかから選りすぐりの大成功事例をご紹介します。


Q具体的に大成功といえる点はなんですか?

この11年間の退去から入居までの日数を比較すると、リノベーション前は平均125日かかっていましたが、リノベーション後は平均43日と大きく改善されました。

更に家賃は35,000円から47,000円まで大幅にアップしています。


それでは工事前、工事後を見ていきましょう。

※動画参照

1DKで広々としていましたが、メインの居室が和室だったため非常に苦戦しておりました。

今、お部屋探しをされている若い世代は和室を選ばない傾向にあるため、リノベーションで和室を洋室に変更し、リビングとの間仕切りを撤去、洋室14畳の広々とした空間へ様変わりしました。


賃貸ということもあり、短期的なスパンでの入居を見越して、単身者むけの遊び心のあるデザインのお部屋にリノベーションしました。


▼リノベーション施工内容

壁・天井のクロスは全て貼り替え、照明はダウンライトへ変更。

キッチンは人造大理石のキッチンを新調しております。

単身向けのお部屋にこのようなグレードの高いキッチンはあまりないため、魅力的です!これだけでも差別化になります!


Q全部屋同じデザインですか??

全て違うデザインのお部屋となっております。

それぞれ唯一無二のデザインのお部屋にリノベーションしているため差別化しております。

その部屋が気に入ったら、その部屋にしか住めないんです!!


Q最後に一言お願いします!!

今回の成功の鍵はずばり「値付け」です!

最初は42,000円で募集していたんですが、あまりに早く入居が決まるため、更に5,000円アップの47,000円で募集しました。

勿論、この家賃で入居率を維持できているので大家さんの収益アップに繋がっています。

上げすぎて決まらなかったら本末転倒なんですけども、最大限の家賃を取りつつも欲張りすぎない家賃で募集することがリノベーション成功のポイントとなりました。


その他、「満室の窓口」では大家さんのための賃貸管理会社としての空室提案や改善手法など、アパート経営に関することなら幅広くご相談に乗りますので是非ともお気軽にお立ち寄り下さい!!


更に詳しい内容を動画でも解説させて頂きましたので是非ともご覧ください。


☆空室対策のことからセミナー情報、満室の窓口の日常など情報満載!! 

満室の窓口Facebook

https://www.facebook.com/manshitsu/

☆資格勉強会を探す 

https://manshitsu.life/study

☆賃貸経営セミナーを探す

https://manshitsu.life/seminar

関連記事

  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05
  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19