お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2020.03.26

満室の窓口

賃貸管理・アパート経営に悩む大家さんための相談窓口開設

今回は、賃貸管理会社として、アパート経営に悩む大家さんをサポートする「満室の窓口」についてお話しさせて頂きます。 

■賃貸住宅の総数と空室率の増加

2023年以降は予測値となります。

従来も空室率は悪かったですが、今後はよりいっそう悪くなってくるとデータが出ています。

2033年には空室率が27.3%まで上昇するといった予測が出ております。


このデータからアパート経営で不安をもつ大家さんが増加する予測がたてられます。

そして、そういった悩みを持たれる大家さんのために、賃貸管理会社としてアパート経営をサポートする相談窓口を設立いたしました。


■大家さんのお悩みの実例

賃貸管理会社のスタッフによって意見が違う・・・

退去報告がない!!

空室なのに提案すらしてくれない・・・

提案があっても正しいかどうかわからない!!

退職したスタッフの引き継ぎが一切されていない・・・

記録に残ってないせいか同じような提案をされる・・・

自分たちの利益しか考えてない!!

どこに相談していいか分からない。


今、大家さんの大きな悩みとしては、家賃が下がってきており、不動産が老朽化してきている・・・そういった中で、家賃を下げるばかりでなく、どのように改善していっていいか分からない。その賃貸管理会社の相談先として「満室の窓口」があります。


満室の窓口には全国No1のシェア(自社調べ)を誇るネットワークがありますのでお気軽にご相談頂ければと思います。

※全国118店舗


■大家さんのアパート経営をサポートする「満室の窓口」概要

空室が増加する日本の賃貸住宅を満室にする全国プロジェクト。空室に困った大家さんへ、データやロジックに基づいた的確な空室改善をご提案します。賃貸経営や相続の知識、顧客ニーズなどあらゆる情報を包み隠さず提供し大家さんのお役に立つ相談窓口です。満室経営を実現するために必要なノウハウを「システム」(AIとテクノロジーを活用した空室改善システム)&「不動産経営改善士」(満室経営をサポートするスタッフの資格取得の育成プログラム)を取得したスタッフによる、的確な空室改善のご提案により満室経営を実現致します。


その他、「満室の窓口」では賃貸管理会社としての空室提案や改善手法など、アパート経営に関することなら幅広くご相談に乗りますので是非ともお気軽にお立ち寄り下さい!!


更に詳しい内容を動画でも解説させて頂きましたので是非ともご覧ください。


☆空室対策のことからセミナー情報、満室の窓口の日常など情報満載!! 

満室の窓口Facebook

https://www.facebook.com/manshitsu/

☆資格勉強会を探す 

https://manshitsu.life/study

☆賃貸経営セミナーを探す

https://manshitsu.life/seminar

関連記事

  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05
  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19