お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

長期入居後のリフォームのポイントとは!?

長期入居後のお部屋は長期空室になりやすい。今回は退去後リフォームを施し、リフォーム直後に成約になった案件をご紹介いたします。


【物件概要】

構造:鉄骨造

築年数:築29年

階数:3階建て2階部分

間取り/世帯数:1K/6戸

居室㎡数:21.84㎡

入居率:100%


【改善前の問題点】

12年間の長期入居で部屋状態が良くなかった

設備が古く、刷新が必要な状態

洗濯機置き場がベランダにあった



【改善提案】

1. アクセントクロス・フロアタイルへ張替え

床は白っぽい色で圧迫感なく演出。

クロスは黒っぽい色で床・天井とのコントラストをつけました。

角部屋で2面採光が取れるため、アクセントクロスが黒っぽくても狭く感じず、明るい印象をキープしつつ、モダンな雰囲気を作ることが出来ました。





2.室内物干し、収納内棚の新設。洗濯機置き場をベランダから室内へ

室内物干しは外に洗濯物を干したくない女性に人気の設備です。

エアコンの吹き出し口に洗濯物を干せますので、梅雨の時期には入居者に大変重宝されます。




洗濯機置き場も室外のベランダにあると周りの目が気になるので、室内へ新設しました。

男性であればそれほど気になりませんが、室外の洗濯機置き場は防犯上も好ましくありません。

室内洗濯機置き場は定番の設備となりますので、室内にスペースがあるのであればぜひ実施したいリフォームです。




また、収納内に棚が無く不便でしたので棚をつけました。




これらのリフォームは付加価値をつけるという部類ではありませんが、早期に空室を埋める為に必要なリフォームです。


【投資効果】

■リフォームコスト

デザインリフォーム

(アクセントクロス・フロアタイルへ貼替、室内物干し新設、収納内棚新設、室内洗濯機置場新設)


工事金額合計 163,000円


■リフォームコストの利回り

4,000円(収入の差)×12か月=48,000円

48,000円÷163,000円(リフォームコスト)=29.4%


投資利回り 29.4%



■5年間のキャッシュフロー

家賃 39,000円 → 43,000円

空室期間平均 3か月 → 1か月

Before:営業純収支 1,822,000円

After:営業純収支 2,023,000円


5年間収益差額 プラス 201,000円



満室の窓口 相模大野店(株式会社オリバー365)では、「オーナー様の収益最大化をサポートする」をモットーに、テクノロジーやAI(人工知能)を活用し、的確な空室改善をご提案いたします。

賃貸経営や相続の知識、顧客ニーズなど、あらゆる情報を包み隠さず提供し、オーナー様のお役に立つことを約束します。

東京都町田市、神奈川県相模原市、神奈川県座間市、神奈川県大和市の賃貸管理、空室対策は、満室の窓口 相模大野店(株式会社オリバー365)にお任せください。


満室の窓口 相模大野店へのお問合せはこちらから


満室の窓口 相模大野店の店舗詳細


物件所有の無料家賃査定はこちらから


関連記事

  • 事例紹介

    成功事例から学ぶ空室対策とは?

    今回は賃貸オーナー様の資産・資本を増やすため、空室対策をして収入を増やす方法、保険活用による支出カットの方法を事例を交えながらご紹介します。

    2022.03.31
  • 事例紹介

    アパート経営は地獄になる?地獄にしない5つの対策を伝授!

    アパート経営は、うまくいけば長期にわたり利益を出してくれる投資方法ですが、失敗してしまうと地獄を見るような状況に陥ってしまうこともあります。 今回は、アパート経営が地獄になってしまう理由と地獄にしないための対策を解説します。

    2022.03.14
  • 事例紹介

    築35年でもまだまだいける!なんと!工事開始日に申し込み!リノベのリピート効果で稼働率UP&家賃UP率20%に成功しました。

    相続で受け継いだ物件(返済なし)に再投資をして満室経営を続けていらっしゃるオーナー様の事例です。 2019年~2021年にリノベーションを計2部屋施工。2021年に外壁塗装。 いずれも早期に入居者様決定していましたが、今回工事開始日に成約してしまいました。その秘訣とは?

    2022.01.29
  • 事例紹介

    富士市満室事例 9戸中3戸空室をリノベーション。完工後37日で満室になりました。

    9戸中長期空室が3戸もあった不人気物件が、超人気物件に!

    2021.12.25