お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

【空室率100%から満室に!】繁忙期末期でも決めきる準備

【物件概要】


築年数:1997年(築23年)

構造 :木造

総戸数:4戸


【経緯】


先代からのお付き合いのある不動産会社にて募集・管理を依頼していた。

繁忙期に入る前にたまたま3部屋同時期に退去し、残りの1室もその1ヵ月後に退去となった。

「繁忙期になれば決まるだろう」とお考えであったが、状況は改善せず、繁忙期も過ぎ去ろうとした時に当社にご依頼頂いた。「満室の窓口(営業車)が目立ち、たまたま目に入った。ちょうど空室で困っていた。テレビCMで有名であったことは知っていたから声をかけた」ということでご依頼頂いた。

その後状況を確認すると、募集掲載内容の不足や設備・適正家賃提案などが不十分であった。


【対策】


繁忙期も終わりに差し掛かっていたので、まずはご紹介(募集手続き)しなければと考え、約3日で募集手続きを完遂させた。(賃料査定・大手ポータルサイトでの掲載や自社での掲載、※営業スタッフへの周知を行った。)


※物件確認指示や当物件の案内時でのポイント説明等


加えて、FR(1ヵ月)の承諾、減額交渉(1,000円~2,000円内)があれば,当社スタッフ判断での提示承諾など迅速にお客様にご提示できる環境も整えた。


【結果】


約1ヵ月で満室。


今回のポイントは、【迅速に募集業務を整えたこと】と【スタッフへの周知の徹底】である。

繁忙期で時間が取りづらい中でも写真撮影や鍵の手配などを滞りなく行えた事。

加えて、営業スタッフに対して、当物件のポイントの指導交渉可能幅を事前に伝えたこと空いた時間に必ず物件確認に行くことを指示した事により、お客様にスムーズに情報提供できたことで、約1ヵ月で満室にまでつなげることができた。


事前準備の大切さを改めて感じた事案でした。



関連記事

  • 事例紹介

    長期入居のお部屋の退去後、2DKの築27年アパートが家賃12,000円UPで成約!

    長期入居に伴い、発生する原状回復費用は高額になることが多い。 大きな金額をかけて元の状態に戻し近隣に合わせた相場賃料で募集するか、付加価値をつけた大幅なリノベーションを行い家賃アップして募集するかの2パターンで検討した事例。

    2019.04.15
  • 事例紹介

    全室リノベーションで入居率4%→100%!

    社員寮として利用されている物件。近年入寮の希望が無く、25部屋中24部屋も空室という状態。 全室リノベーション&敷金・礼金なし&インターネット無料で満室へ!!

    2019.04.27
  • 事例紹介

    空室期間1年以上のお部屋が家賃6,000円UPで工事完成後10日で成約!

    今回の空室改善事例は築33年の物件のお部屋をリノベーションし工事中に入居が決まった事例になります。

    2019.01.28
  • 事例紹介

    設備改善で年間収支300,000円の増収改善

    インターネット無料導入・新規設備導入で年間収支改善!

    2019.12.26