お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2020.09.11

満室の窓口

アパート経営における満室への道とは?

アパート経営において、誰もが悩むもの、それは「空室」です。

以前のアパート経営は、何もしなくても入居者がいる状態が続いていました。

ところが、最近の物件は、ニーズをしっかりと抑えて、積極的な空室対策をするのが必要とされています。

ただ、空室対策はリノベーションなどのお金をかけるだけが全てではありません。お金をかけずとも効果を生む対策もありますので、ケースバイケースで対応することが効果的です。

空室を埋める対策は、1つだけ実践してもなかなか効果は発揮されません。できるだけ多くの対策を理解して、掛け合わせて実行していくことがポイントです。

そこで、この記事では空室を埋めるには、どのような対策があるのかについて解説していきます。

具体的な空室対策についてご紹介していますので、各個人の物件の空室を埋める対策として取り込んで頂ければ幸いです。


<目次>
1.アパート経営満室への道〜準備編〜
・共用部分の見直し
・最新のニーズ設備把握
2.アパート経営満室への道〜実践編〜
・リノベーションによるデザイン
・家賃の適正設定
3.アパート経営満室へ「満室の窓口」からのご提案とは?
・Renotta
・シェルフリー
4.アパート経営満室へのまとめ


1.アパート満室経営への道〜準備編〜

・共用部分の見直し

入居希望者が、内見に来た際一番最初に見られるのがエントランス、共用部分になります。

物件において、物件の共用部分はその建物の第一印象を決める最も重要な場所です。

お部屋の中の空室改善ももちろん大事ですが、エントランス、共用部分の状態を確認し、きれいな状態であるか清掃が行き届いているかを今一度確認する必要があります。

日頃から、掲示板の点検やチラシの散乱チェック、苔の発生有無のチェックなどすぐに改善可能な部分もありますので、まずはそこから始めると良いでしょう。

共用部分、エントランス日頃から共用部分のチェックを行いましょう。 

・最新の設備ニーズの把握

最新の設備やニーズに合った設備を導入をすれば、たとえ築浅でないアパートであったとしても、しっかりと満室経営を実現しているオーナー様もいらっしゃいます。

そういった意味でも周りと同じではなく、人気設備を導入して入居者ニーズに応えていくマンション経営を行い安定収入を実現させています。

ここでは、人気の設備についてご紹介いたします。

・第1位:インターネット無料

インターネットを使用する場合、入居者が個人で通信会社と契約をして、毎月5千円前後の利用料がかかる上に、契約の手続きや引っ越し時の解約の手続きなど正直面倒だと思っている方も多いようです。

そういった面倒がなくなり、無料でインターネットが利用できるとなると入居希望者も借りたいと思ってもらえるでしょう。

・第2位:オートロック

近頃は、マンションの近辺を狙った悪質な犯罪も増えてきています。

そういった事件で特に女性はオートロックを必須としている方も多いでしょう。

そういった時に、安心して部屋で過ごせるようにするためにも今後は必須の設備となりそうです。

・第3位:浴室乾燥機

浴室乾燥機は、乾燥の他にも換気、暖房、冷風など、さまざまな機能があります。

最近では、花粉症やPM2.5、ゲリラ豪雨など外で気軽に洗濯物を干すことも難しくなっていますので、こちらも人気が続くでしょう。

・第4位:ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットがあると、衣類だけでなく、普段使わないものなども収納ができるのでお部屋の中をスッキリとした印象にすることができます。

また、衣服をウォークインクローゼット内にまとめて収納できるのでお洒落好きにとってはコーディーネートがしやすいというのもポイントになります。

・第5位:ホームセキュリティ

異常が起きたときに、自宅に迅速に到着できるガードマンが現場に急行し、状況の確認と対処、入居者への報告をしてくれるというのもオートロック同様、安心の材料になります。

オートロック、人気設備ニーズを把握することで満室経営に繋がります。 


2.アパート満室経営への道〜実践編〜

・リノベーションによるデザイン

空室対策における大々的な手法として、リノベーションが挙げられますが、ただお部屋の中をきれいにするだけで決して入居が決まるわけではありません。

リノベーションを行う際も、しっかりとコンセプトの設定とデザイン性というものが大事になります。

目から入ってくる情報は、五感の中で一番大きく大部分を占めているのでデザイン性の高いものが選ばれる可能性が高くなっています。

そうした中で、しっかりとニーズを把握しターゲットを絞った上でリノベーションを行うことで効果的な空室対策になると考えられます。

リノベーション、リノッタ個性的なお部屋を作るのも入居者が決まる一つの手です。 

・家賃の適正設定

ライバル物件と比べて適正な家賃にするというのも大事なポイントです。

高すぎると当然選ばれませんし、逆に低すぎると本来得られるはずの収入を得ることができないということにもなりますので、適正な価格にすることが重要です。

そうすることで、お客様に選んでいただけるということに繋がります。


オーナー様にも入居者様にも適正な家賃を設定することが重要です。 


3.満室の窓口によるアパート満室経営のご提案とは?

・Renotta

先ほど、空室対策における大々的な手法のリノベーションをご紹介いたしましたが、「満室の窓口」では「Renotta(リノッタ)」と呼ばれる日本最大級のリノベーションブランドを展開しております。

デザイナーズ・リノベーション物件の賃貸サイト「Renotta」。

全国のオーナー様に、賃貸マンションやアパートのリノベーション・デザイナーズ物件を多数ご提案し、満室経営に貢献いたしております。

「Renotta」の最大の特徴は、お部屋一つひとつにコンセプトを設け、皆さまのライフスタイルにぴったりのデザインをご提案いたします。

フルリノベーション、カラークロスを施した物件、全国の加盟店がその土地に合わせてデザインした賃貸マンション・アパートなど、さまざまなお部屋をご用意しています。

リノベーション・デザイナーズ物件をお探しならリノッタ(RENOTTA)へ!

↓Renotta(リノッタ)の詳細は動画をご覧ください。

・シェルフリー

上記でもご説明した、最新の設備ニーズにもある、ウォークインクローゼット。

しかし、お部屋がそこまで広くないお部屋や収納が少ないというお部屋で困っているオーナー様も多いかと思います。

そんな時に、改善できる対策としてシェルフリーをご用意いたしております。

シェルフリーは、「自由に組み合わせる棚」をコンセプトに自分の思う収納スペースを好きなように作成することができます。

メインフレームと、付属されている複数のパネルで、自分好みの用途に合わせた棚を作ることができます。

組み合わせの種類は、なんと405,504通り!

入居者の思った通りの収納スペースを作れること間違いなしでしょう。

SHELFREE、シェルフリーシェルフリーの構成内容 



4.アパート満室経営まとめ

アパート経営で、一番重要なのは、ニーズの把握と適切な対策です。

ターゲットの設定やリノベーション内容だけでなく、エントランスの管理や物件の周辺状況の把握なども含めて、幅広く対応することが重要です。


このように空室を埋める対策は、1つだけ実践するのではなく、できるだけ多くの対策を知り、併せ技で実行していくことがポイントです。

「満室の窓口」では空室対策などさまざまなオーナー様へのお手伝いいたしますので是非一度満室の窓口にお立ち寄りください。


↓関連動画はこちらから




関連記事

  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05
  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19