お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2020.10.06

満室の窓口

空室対策の第一歩!現地確認における事前準備10項目とは?

物件の満室経営のための改善の第一歩は、現地確認にあります。

何がどう悪く、どう改善すれば良いか見ていくことが大切です。


満室の窓口では、空室対策を具体的に実施する前に現地確認を入念に行ってからが必要になってきます。

そこで、今回は満室経営にするための事前に準備する10のポイントについてご紹介いたします。

<目次>
◯空室対策における現地確認の事前準備ポイント10項目
・ファクトシート
・物件確認シート
・P区画図&空きP
・カメラ
・送電確認
・HP募集ページ
・掃除用具
・封水シール
・ポストシール
・方位が分かるもの
◯カメラ撮影におけるNODALVIEWのスゴさとは?
◯空室対策における現地確認の事前準備ポイント10項目|まとめ

◯空室対策における現地確認の事前準備ポイント10項目

・ファクトシート

ファクトシートは、不動産会社がお客様に提出する物件の詳細情報のことになります。

ファクトシートと現地を比較してPRポイントが漏れていないかなどの確認をします。

ファクトシート、クラスコ、アパート経営ファクトシート

・物件確認シート

現地で物件の詳細をチェックをしたり、チェック漏れがないようするものです。

設備やPRポイントを抜けなく記入しチェックすることで後々のホームページの抜けやファクトシートの抜け、PRポイントのズレの有無の確認ができます。

ファクトシート、クラスコ、アパート経営物件確認シート 

・P区画図&空きP

車で行く場合には、事前の確認が必要です。

・カメラ

外観・内観の記録や募集の写真を撮るために必要になります。

カメラは、1眼レフが良いとは思いますが、満室の窓口では、スマートフォンで簡単にきれいに撮影ができる「NODALVIEW」というものを使用しています。

詳しくは後ほど、ご説明いたします。

・送電確認

物件のお部屋の電気が通っていないと確認がしづらいですので、電気が通っている状態である必要があります。

また明かりがあった方が、カメラの撮影もきれいに写すことができます。

・HP募集ページ

募集ページにどのように募集をしているかという点をしっかりと把握、また印刷で確認ができるようにしておくことが大切になります。

・掃除用具

現地がホコリなどで汚れている場合もありますので、最低限の掃除用具は持参していきます。

・封水シール

洗濯パンの水が乾いてしまうと、トラッドの水がなくなってしまいます。

またそれにより悪臭が発生してしまいますので、水を入れて封水シールをする必要があります。

この際に水道が出ない場合もありますので、合わせて水も少量持参しています。

・ポストシール

空室の場合、ポストにチラシなどが入れられてしまいますので、それを抑止するために必要になります。

・方位がわかるもの

物件においてどの面がどの方位に向いているかということを確認が必要になります。


◯カメラ撮影におけるNODALVIEWのスゴさとは?

先ほどもご紹介した通り、満室の窓口ではスマートフォンで簡単できれいに撮影ができる「NODALVIEW」を取り扱っております。

こちらは、最大11枚の写真を撮影して1枚に合成することによってお部屋の中も窓の外も明るく撮影することができます。

NODALVIEW、クラスコ、満室の窓口NODALVIEWでの撮影事例 

とてもが色味がきれいですよね。

こちらのきれいな写真がスマートフォンで撮影できますので、簡単にそして品質が担保された状態を保つことができます。

このNODALVIEWで撮影した画像は通常の写真よりも388%のアクセスを得ることができております。

他の写真と比べても圧倒的にクリックされやすくなっています。

ですので、ホームページ上にきれいな写真をアップするということは、とても重要になってきます。


◯空室対策における現地確認の事前準備ポイント10項目|まとめ

今回は、満室の窓口で行っている空室対策における事前の準備をご紹介いたしました。

この中に紹介している事前準備に関しては、満室の窓口としても実際に各物件において実践をしておりますが、項目によっては(掃除、臭い点検など)オーナーの皆様が日頃から行える準備、対策もございます。

日頃から物件の空室対策を行い、満室経営を実現させていきましょう。

満室の窓口スタッフも、全力でサポートいたします!


↓関連動画はこちらから



関連記事

  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05
  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19