お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

共用部の重要性について

【概要】

築33年 木造 2階建て

総戸数:6戸(現在満室)

間取り:2K


【経緯】

築33年の木造2階建ての物件で、当社に管理をお任せ頂く前は2部屋空室となっておりました。

「費用をあまりかけたくない」と申し受け、物件を拝見しましたが、

お部屋の内装よりも共用部の整理が優先であると考え、ご提案させて頂きました。

内装は通常の原状回復を行っており、その後、賃料査定を行い募集をさせて頂き、

約2ヶ月で満室となり、費用も最小限で抑えることが出来ました。


【実施項目】


・階段手摺・柵の修復・交換

→まず気になったのが階段手摺と柵の劣化でした。

 幸いにも塗装で修復出来る箇所(最小限の交換で)が多かったので、費用を抑えて見栄えを良くすることが出来ました。


・共用部の清掃

→オーナー様で共用部の清掃を行っておられましたが、高い所の蜘蛛の巣や汚れ、廊下のコケなどが残っており、

 とても目立ちました。そこで、高圧洗浄や定期的な清掃をご提案しました。


・アンテナ修復・確認

→見落としがちなポイントだと思います。雪などで曲がったままになってませんか?

 不要なアンテナ(古いもので今は機能していないが以前からついているもの)はついていませんか?

 それがあるだけで、古い物件と印象となってしまいます。


・不要な放置物の撤去

→階段下や廊下においてある自転車や三輪車などを撤去しました。

 置いてあるだけで、「狭く感じる」・「古く見える」などのご意見を頂く事があります。

 定期的に整理した方がいいと思います。


賃料査定・設定

→相場からかけ離れている家賃設定では募集してもお客様の目には止まりません。

 そこで必要なのが、最適賃料の査定と設定です。

 「相場が分からない」「他物件は現状いくらで募集しているのか?」など、少しでも気になる点があれば、

 管理会社にご相談頂くことが大切であると思います。


【結論】


費用を抑え、満室にする事が出来ました!


共用部(外観)は物件の顔であり、お客様が一番最初に見る箇所です。

廊下や廊下に設置されている設備(照明・手摺)、そして共用部の状態(清掃が行き届いているか等)を

常に意識すべきだと思います。


「費用が高そう...」

「清掃はどこまでして貰えるのだろうか...」 などなど、


上記のようにお考えになられましたら、一度管理会社に相談してみてはいかがでしょうか?

これから迎える繁忙期の前に一度ご検討頂くことも大切だと考えます。


関連記事

  • 事例紹介

    長期入居のお部屋の退去後、2DKの築27年アパートが家賃12,000円UPで成約!

    長期入居に伴い、発生する原状回復費用は高額になることが多い。 大きな金額をかけて元の状態に戻し近隣に合わせた相場賃料で募集するか、付加価値をつけた大幅なリノベーションを行い家賃アップして募集するかの2パターンで検討した事例。

    2019.04.15
  • 事例紹介

    全室リノベーションで入居率4%→100%!

    社員寮として利用されている物件。近年入寮の希望が無く、25部屋中24部屋も空室という状態。 全室リノベーション&敷金・礼金なし&インターネット無料で満室へ!!

    2019.04.27
  • 事例紹介

    空室期間1年以上のお部屋が家賃6,000円UPで工事完成後10日で成約!

    今回の空室改善事例は築33年の物件のお部屋をリノベーションし工事中に入居が決まった事例になります。

    2019.01.28
  • 事例紹介

    設備改善で年間収支300,000円の増収改善

    インターネット無料導入・新規設備導入で年間収支改善!

    2019.12.26