お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

募集方法改善~プロモーション活動とネット掲載内容充実化の重要性

【経緯】


新築の木造3階建ての物件を当社に募集管理をお任せ頂く前は、

完成後も全て空室となっておりました。

当初オーナー様は【新築】で世帯数が少ない事もあり、募集管理を依頼しなくても、

完成する迄には2部屋、完成1ヶ月後位には残りの1部屋もお申込みが入り、

満室になるだろうと予想されておりました。

しかし、新型コロナウィルス感染症の拡大による広告反響、来店の下降傾向、

物件の完成が緊急事態宣言発令と重なり、

完成1ヶ月後でもお申込みが入らない現状となっておりました。

管理を任せて頂き、専属スタッフがプロモーション活動を始め、

自社店舗協力の基でネット公開内容の充実化を図る事で、

全3戸あった空室が当社との管理契約後1ヶ月半で全戸お申込を頂く事が出来ました。


【実施項目】


・物件近隣仲介店舗へのプロモーション

当社では各仲介店舗へ空室情報を毎朝メールで配信する事は継続しながら、

店舗への訪店活動を月に最低3回と実施する事を行なっておりました。

新型コロナウィルス感染症の影響で店舗訪問が出来なくなってしまった業務を

【ピンポイントでの物件資料メール送信】業務に切替、送信頻度を上げて実施しました。

この事により近隣仲介店舗はもちろんですが、他エリアの店舗にも物件認知度の向上を図る事が出来、

近隣仲介店舗以外からも沢山のお問合せを頂く事が出来ました。


・ネット掲載内容充実化

近年、お部屋探しで直接の店舗来店が減少している中、

新型コロナウィルス感染症の影響もあり、更にインターネットでのお部屋探しが増えている事から、

自社仲介店舗協力の基、大手ポータルサイトを含むWEBサイト掲載で閲覧数を増加、反響数を増加させる為に、

広角に撮影が出来るデジタルカメラを利用した写真の撮影、

動画、360度が全て確認する事が出来るパノラマ写真などを活用した公開内容の充実化等を図り、

より選んで頂き易い環境を作る事を行ないました。


【結論】

設備や家賃に手を加える事なく、

募集方法改善する事で満室にする事が出来ました!


お客様に情報を提供するのは店舗スタッフである事から、

他店も含めた仲介店舗スタッフに対しての情報提供頻度向上、

関係性の構築、お客様への情報提供がし易い環境整備を行なう事、

お客様が利用されるのはインターネットである事から、

入口を広くとり、掲載内容を充実化する事、

この2つのアプローチは今や欠かせない方法となっております。


「お部屋はしっかり内装しているのに・・・」

「設備は近隣と比べても負けていないのに・・・」

「家賃は近隣と比較しても安くしているのに・・・」


上記の内容でお困りの場合はもしかしたら、

募集方法に原因があるかもしれません。

これからの繁忙期を迎えるまでに一度、

ご相談、見直しをしてみる事をお勧め致します。


物件を磨くことも大切ですが、物件情報が届いているか、

選んで頂き易い状況を作れているか等、

陳列に重きを置く事も大切だと思っております。

関連記事

  • 事例紹介

    成功事例から学ぶ空室対策とは?

    今回は賃貸オーナー様の資産・資本を増やすため、空室対策をして収入を増やす方法、保険活用による支出カットの方法を事例を交えながらご紹介します。

    2022.03.31
  • 事例紹介

    アパート経営は地獄になる?地獄にしない5つの対策を伝授!

    アパート経営は、うまくいけば長期にわたり利益を出してくれる投資方法ですが、失敗してしまうと地獄を見るような状況に陥ってしまうこともあります。 今回は、アパート経営が地獄になってしまう理由と地獄にしないための対策を解説します。

    2022.03.14
  • 事例紹介

    築35年でもまだまだいける!なんと!工事開始日に申し込み!リノベのリピート効果で稼働率UP&家賃UP率20%に成功しました。

    相続で受け継いだ物件(返済なし)に再投資をして満室経営を続けていらっしゃるオーナー様の事例です。 2019年~2021年にリノベーションを計2部屋施工。2021年に外壁塗装。 いずれも早期に入居者様決定していましたが、今回工事開始日に成約してしまいました。その秘訣とは?

    2022.01.29
  • 事例紹介

    富士市満室事例 9戸中3戸空室をリノベーション。完工後37日で満室になりました。

    9戸中長期空室が3戸もあった不人気物件が、超人気物件に!

    2021.12.25