お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2020.11.04

満室の窓口

原状回復だけで大丈夫? 賃貸経営における空室対策で重要な原状回復の考え方

今回は、必ず起きる退去した際の原状回復の大事な考え方についてお話をさせていただきたいと思います。

今の時代は家賃が下落し、空室がとても多い時代です。

今まではお部屋をもとに戻す現状回復でよかったのですが、今の時代はもとに戻すだけでなく、決まるお部屋を作っていく必要があります。


今回は、その決まる部屋を作る上でのポイントをご紹介します。


① 入居に支障をきたす部分の修繕

作動しないエアコン、開閉が困難な窓、漏水する蛇口など修繕を行なわなければ、次の入居者の方が生活するうえで支障がある修繕はすぐに行なう必要があります。

原状回復、リノベーション、水道まずは最低限の修繕を行いましょう。 

② 設備の更新

2つ目は設備の更新です。

エアコンやモニター付インターフォンなど人気の設備は必ずつける必要があります。

例えばエアコンで、まだ使えるからといって10年以上の古いエアコンをつけていると電気代が高いということで嫌厭される場合があります。

ですのでしっかり新しいものに変えていき、まだ使えたとしても古いものに関しては交換する必要があります。

これらが入居率に大きく影響してしまいます。

また人気の設備ランキングで上位に入っているものに関しては、お客様がインターネット上で人気の設備をチェックして物件の検索をかけていきますので、その人気の設備がついていないと検索結果に出てこず、反響がなく案内もなくなってしまって、入居が決まりにくくなってしまう場合もありますので、人気の設備は必ず設置することが大事です。

最近ではモニター付きインターホンの需要が高まっています。 

③ 改善の検討

古くなって、ニーズがあわなくなり、人気がなくなってくるお部屋というのがたくさんあります。

そういった時にデザインを入れるだけで大きく改善することができ、付加価値をつけることができます。

退去時の原状回復と一緒にデザインを入れると比較的安い金額でお部屋の価値を上げることが可能です。

クロスのみ張替えてデザインを入れるもの、クロスも床もすべて張り替えるものなど、リノベーションにも様々なパターンがあります。

税引き後のキャッシュフローまで計算してオーナー様の手取りが一番多い改善を行なうということが大事です。

またオーナー様によっては短期的に売却される場合もありますので、その場合はできるだけ工事費用を抑えて工事していきましょうとご提案させていただくこともあります。

今後どのような方向性で賃貸経営をしていくかということもしっかり賃貸管理会社と話をして、改善の方法を検討していくことが大事になります。

リノッタ 、リノベーション、クラスコお部屋の現状を知り、どこまで投資するのかが重要です。 


↓その他賃貸経営に関わる様々な情報をYouTubeにて配信中!






関連記事

  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05
  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19