お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

間取変更と設備交換で古さを払拭!

【概要】

築年数:1993年

エリア:金沢市

間取 :2LDK(※駐車場無し)


【経緯】

建物自体が昔のタイプの間取り・内容であり、他物件との差別化が必要でした。                  

当社にお預け頂く前に、間取り変更と一部設備交換を行いました。

これからの繁忙期に向けて、家賃の再設定を行い、繁忙期に備え準備しております。


【変更内容】


〇和室から洋室に変更

→和室の古いイメージを払拭するため、フローリングに内容変更しました。

ニーズが多い仕様にすることで、インターネットでの反響を多くしようと考えました。

また、入退去時の表替え費用など、オーナー様や借主様に余計な費用がかからなくなるメリットもあると考えました。

(※間取図中の左上部のお部屋を和室から洋室に変更しました。)


〇クローゼット新設

→上記の洋室部分にクローゼットを新設しました。

 和室の押入れでは洋室とマッチしない、また、古さが際立つなどの影響が出るので、洋室用のクローゼットを新設しました。

(※間取図中の左上部のお部屋を洋室に新設しました。)



〇浴室交換

→水回りが古いとお部屋のイメージが台無しになるケースもあります。キッチンや洗面台も同様です。


「費用はいくらかかるのだろうか…」

「今からでも工事は間に合うのだろうか…」


ご不明な点やご質問など御座いましたら、お気軽に管理会社に相談してみて下さい。


その他にも、


  • ① 賃料の再査定(相場とかけ離れていないか、付属設備が十分であるかどうか等)も行いました。
  • ② 当物件に駐車場が確保できない為、近隣駐車場の検索とその借り上げのご提案もしました。
  • →ファミリータイプの物件で、駐車場が確保できない(または近隣に駐車場がない)事は、お客様へのご紹介する上で、かなりのデメリットです。確かに借り上げは、空室期間中でもその駐車場代は支払わなくてはいけないので貸主様のご負担となります。
  • しかし、駐車場が常にご提供できる状態だからこそ、お客様にお選び頂ける可能性も上がります。
  • 分譲マンション賃貸のみならず、アパートなどでも同様のことが言えますので、
  • 該当される貸主様は是非とも、ご検討頂ければと思います。


【統括】

今回ご紹介した物件は来年に他社様から当社にお預け頂く事(管理移行)となっております。

募集に関しては、当ケースの場合でも、今年度中から行います。(12月末日から開始)


「繁忙期を目前に空室が多くなってきている…」

「少しでも設備交換したいけど、どうしたいいだろう…」


お困り事や分からない事が少しでもあれば、ご相談下さい。

全力で最善の分析とご提案をさせて頂きます。


繁忙期前に一度、お持ちの不動産について見直してみてはいかがでしょうか?

少しでも参考になればと思います。


関連記事

  • 事例紹介

    富士市空室改善事例 12戸中4部屋の空室が、リノベで工事完工後8日間で満室になりました!

    12戸中4部屋空室の内、2部屋が工事開始前に申し込み!工事中1部屋、工事後8日間で1部屋申し込み! 長期間4部屋が空室だった不人気物件が外壁デザインとリノベーションで超人気物件になりました。

    2021.08.10
  • 事例紹介

    【賃料UP、収益UP】ワンポイントリノベーションの極意

    今回ご紹介させていただくのは、1年以上空室の長期間空室で困っていたオーナー様、 ワンポイントリノベーションを施すことで賃料UP、入居率UPに繋げた成功事例になります。 築25年のRC造物件、好立地で必要設備も設置しているが全部屋空室。 家賃を下げたくないというご要望をいただき、デザインによる付加価値を付けることで、逆に家賃を上げ提案をさせていただきました。 結果6ヶ月で成約、満室になりました。

    2021.02.19
  • 事例紹介

    土地活用の種類まとめ

    土地活用と聞いて、まず頭に思い浮かぶのは「アパート経営」や「駐車場経営」等ではないでしょうか。 しかし、土地を有効に活用するのは、アパートや駐車場経営だけではありません。 今回は、アパートや駐車場経営以外にもある土地活用の種類と内容を解説します。

    2021.06.11
  • 事例紹介

    【マル秘】新築物件運営の成功事例

    新築アパートであれば、何もしなくても入居者が決まると思い込んでいませんか。実は、新築物件だからといって、すぐに入居が決まるわけではありません。今回の記事では、新築なのに空室が埋まらない理由や実際に成功された事例を紹介致します。

    2021.05.13