お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2021.01.12

満室の窓口

部屋を広く見せるコツ!賃貸経営で重要!?デザインの特性で賢く空室対策

部屋を広く見せるコツ!賃貸経営で重要!?デザインの特性で賢く空室対策


賃貸経営で他の物件と差別化するにはデザインによる空室対策が一番効果があります。

今回は賃貸経営における空室対策でデザインの特性を生かして部屋をより広く見せるデザインの活用方法をご紹介したいと思います。


青を中心とした寒色系や、暗い色、くすんだ色などは、「後退色」と呼ばれ、実際の距離よりも遠くに見えたり、後ろに下がって見える心理効果があります。

狭い空間では「後退色」を効果的に使うことで広がりを演出することができます。

部屋のなかで最も大きな面積を占める床や壁、天井の色に上手に取り入れることで空間の雰囲気が大きく変わります。


一方、黄色からオレンジ、赤、薄い茶色などの暖色系や、彩度の高い明るい色は「進出色」と呼ばれ、膨張して見え、実際の距離より手前に感じられます。

これらは存在感を強調したり、アクセントとして使う場合に適しています。

「進出色」と「後退色」を組み合わせることによってデザインに立体感をもたせることができます。

例えば、壁紙の奥側に後退色、手前側に前進色を入れることで部屋がより広く見えます。




関連動画はこちらから!



関連記事

  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05
  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19