お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2021.01.12

満室の窓口

部屋を広く見せるコツ!賃貸経営で重要!?デザインの特性で賢く空室対策

部屋を広く見せるコツ!賃貸経営で重要!?デザインの特性で賢く空室対策


賃貸経営で他の物件と差別化するにはデザインによる空室対策が一番効果があります。

今回は賃貸経営における空室対策でデザインの特性を生かして部屋をより広く見せるデザインの活用方法をご紹介したいと思います。


青を中心とした寒色系や、暗い色、くすんだ色などは、「後退色」と呼ばれ、実際の距離よりも遠くに見えたり、後ろに下がって見える心理効果があります。

狭い空間では「後退色」を効果的に使うことで広がりを演出することができます。

部屋のなかで最も大きな面積を占める床や壁、天井の色に上手に取り入れることで空間の雰囲気が大きく変わります。


一方、黄色からオレンジ、赤、薄い茶色などの暖色系や、彩度の高い明るい色は「進出色」と呼ばれ、膨張して見え、実際の距離より手前に感じられます。

これらは存在感を強調したり、アクセントとして使う場合に適しています。

「進出色」と「後退色」を組み合わせることによってデザインに立体感をもたせることができます。

例えば、壁紙の奥側に後退色、手前側に前進色を入れることで部屋がより広く見えます。




関連動画はこちらから!



関連記事

  • 空室対策

    コロナ禍で必要になった賃貸設備とは?

    今回は近年の賃貸市場の様子と、苦戦物件のビフォー・アフターを改善提案の内容も含めてご紹介いたします。

    2022.05.12
  • 空室対策

    賃貸オーナー必見!原状回復のガイドラインと費用負担ルールを解説

    今回のコラムでは、原状回復のガイドラインと費用負担のルールについて解説します。

    2022.05.12
  • 空室対策

    入居が決まるお部屋づくりのポイント「アクセントクロス」とは?

    今回は、入居が決まるためのお部屋づくりのポイント「アクセントクロス」について説明します。

    2022.02.21
  • 空室対策

    賃貸物件の人気設備ランキング2021発表

    全国賃貸住宅新聞が毎年行っている「入居者に人気の設備ランキング」の2021年度版が発表されました。 これを見ると、昨今の入居希望者がどのような設備を望んでいるのかわかります。 今回のコラムでは、人気設備のTOP3をわかりやすくまとめました。これから賃貸物件の建設やリフォームを考えている人は、必見です。

    2022.01.19