お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

事例紹介

【新築物件でもここが重要】募集条件の精査と早期募集

【概要】

エリア :金沢市

築年月日:2021年2月末日 完成予定(現在建築中)

総戸数 :4戸(本日現在で残り1部屋となりました!)

間取  :1LDK(約39㎡)


【重要点】


〇募集条件の調整

→「新築だから、少し高めでも大丈夫かな…」

 このように考えることは当然あると思いますが、とても危険です。

 新築物件でも大切な事は、「相場に見合った内容で募集する事」です。

 (※中古物件でも同様です。)

 空室が続いている状態であれば、一度管理会社に相談し、賃料査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

 近隣との比較もでき、非常に効果的だと考えます。


〇建築中からの募集

→建築中の物件でも、建築確認完了後からであれば、募集掲載可能です。

 弊社では、条件が整い次第、募集業務を迅速に行う事に注力しております。

 

 では実際に募集開始時期が遅くなるとどのようなデメリットがあるか…


 ・入居希望者がすでに近傍類似物件にて成約してしまっている可能性がある事

 ・申込を早期に獲得する為、予定していた賃料から減額となる可能性がある事 など

   

 早期満室を目指すべく、お早めに管理会社の選定と募集掲載出来る様、心がけて下さい。

 

【総括】

結果、募集開始から約1ヵ月で残り空室数が1戸となりました!


今回のポイントは「適切な条件調整」「早期募集」の2点です。


「うちの物件は他の物件と比べてどうなのか…」

「管理会社に頼んだけど、募集されているか分からない…」


お困り事や分からない事が少しでもあれば、是非ともご相談下さい!

最善のご提案と迅速な募集掲載をさせて頂きます!


また新築物件のみならず、既存の物件について見直してみてはいかがでしょうか?

少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

  • 事例紹介

    成功事例から学ぶ空室対策とは?

    今回は賃貸オーナー様の資産・資本を増やすため、空室対策をして収入を増やす方法、保険活用による支出カットの方法を事例を交えながらご紹介します。

    2022.03.31
  • 事例紹介

    アパート経営は地獄になる?地獄にしない5つの対策を伝授!

    アパート経営は、うまくいけば長期にわたり利益を出してくれる投資方法ですが、失敗してしまうと地獄を見るような状況に陥ってしまうこともあります。 今回は、アパート経営が地獄になってしまう理由と地獄にしないための対策を解説します。

    2022.03.14
  • 事例紹介

    築35年でもまだまだいける!なんと!工事開始日に申し込み!リノベのリピート効果で稼働率UP&家賃UP率20%に成功しました。

    相続で受け継いだ物件(返済なし)に再投資をして満室経営を続けていらっしゃるオーナー様の事例です。 2019年~2021年にリノベーションを計2部屋施工。2021年に外壁塗装。 いずれも早期に入居者様決定していましたが、今回工事開始日に成約してしまいました。その秘訣とは?

    2022.01.29
  • 事例紹介

    富士市満室事例 9戸中3戸空室をリノベーション。完工後37日で満室になりました。

    9戸中長期空室が3戸もあった不人気物件が、超人気物件に!

    2021.12.25