お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2021.02.19

満室の窓口

近年の賃貸住宅状況と満室経営のポイントとは?

<目次>
1.賃貸経営の現状
2.賃貸経営における顧客動向と設備の重要性
3.賃貸経営に欠かせない物件確認ポイント
・環境設備のチェック
・物件がどのように募集されているかチェック
・その他NG ポイントに当てはまる物はないですか?
4.賃貸経営における物件投資による収益アップ
・外壁のデザイン塗装で入居率アップ
・原状回復工事はリノベーションのチャンス!



1.賃貸経営の現状

ご存知の方も多いとは思いますが、賃貸住宅は、年々空室率が上がってきています。

点線以降は予測値となっていますが、これまでよりも上昇率が上がっているのが分かります。

要因としては、人口減少や新築住宅の増加などさまざまなことが考えられます。


これからの賃貸経営は、しっかりと入居者ニーズや空室対策方法を理解し、計画的に賃貸経営を行っているオーナーが残っていく厳しい状況になるでしょう。

賃貸住宅は年々厳しい状況にあります。
 

▼顧客から見た賃貸住宅の実情は動画でも紹介中♪


2.賃貸経営における顧客動向と設備の重要性

空室対策には顧客を理解するということが大切です。

顧客が求めているもの・思考・トレンドをしっかり理解することが空室対策に繋がります。


最近のお部屋探しは、「スマートフォンで手軽に」というのがポイントです。

お客様も、事前にインターネットで検索し、物件を予め絞ってから来店されるというケースが非常に多いです。

インターネットで検索する際には、必要な設備の有無で検索をかけるので、人気設備がついていないと致命的になることも。


人気設備第一位は、インターネット無料です。何年も続けて一位になっており、根強い人気があります。

また、最近は新型コロナウイルスの影響で宅配ボックスも非常に人気です。

買い物をインターネットで行なう機会が増えたのと、宅配ボックスを使えば非対面でも荷物を受け取ることができるため必要とするお客様が増えてきています。

しっかりと対策をしておかなければなりません。 


3.賃貸経営に欠かせない物件確認ポイント

・環境設備のチェック

人や物に対する第一印象が長い間残り続ける現象を初頭効果といいます。

第一印象が悪いとその後良い印象にするのが難しいのです。 

内見に行って初めて見る部分は、共用部や外観。

いくらお部屋が良くても、共用部が汚れているだけで印象が悪く、決まりにくい物件になってしまいます。 

物件を綺麗に保っていれば、自然と入居者の方にも綺麗に使っていただけるようになり、好循環が生まれます。

決まりやすくするためのルーチン 

・物件がどのように募集されているかチェック 

人間の五感は視覚から入る情報が83%と多く、インターネットで物件を検索することが当たり前の今、物件の募集写真はお部屋を選ぶ上でとても重要です。

写真が傾いていないか、暗くないか、設備の写真も載っているか、そもそも写真が載っているのか、確認が必要です。 


・その他NG ポイントに当てはまる物はないですか? 

・広告投函防止シールの貼りすぎ 

・チラシ散乱 

・ポストシールの剥がしあと 

・掲示板の劣化・不要掲示物 

・床にコケ


▼動画でも賃貸経営に必須な空室対策ポイントを解説しております!


4.賃貸経営における物件投資による収益アップ

・外壁のデザイン塗装で入居率アップ

外壁は劣化するため、約15年に1度は塗り直すことをおすすめします。

外観はお客様がホームページで見たい箇所ランキング2位に入るほど重要です。

塗り直す際は何色を選んでも値段が変わらないため、以前と同じ塗装にするより、新しいデザインにすることで価値がアップします。

おすすめは単色で塗るのではなく、ワンポイントで色を入れること。立体感が出てスタイリッシュな印象になります。


・原状回復工事はリノベーションのチャンス!

新築からだんだんと家賃は下がっていき、年に1%ほど下がると言われています。

下がった価値を設備の追加やリノベーションなどで上げていくことが大切です。

高額な原状回復の場合はリノベーションを行なった方が格安に工事することができる場合があります。

古いデザインのお部屋をそのまま原状回復で直すのではなく、新しい今のニーズにあったお部屋へとリノベーションすることで、入居へと繋がります。

リノベーションの方が家賃UPの可能性も広がります。 


-----------------------------------------------------------
2.8ヶ月で満室の実績を誇る「満室の窓口」では、賃貸経営にお役に立つ情報を日々発信しています!

入居者ニーズの変化や新型コロナウイルス感染拡大などによって、時代の変化に応じた取組みが今まで以上に必要となってきました。

そこで、満室の窓口では、賃貸オーナーの皆様のお悩み、課題を安心安全な状態で解決するために、毎月オンラインセミナーを開催し、最新の賃貸経営情報をご提供しております。

石川県仲介件数8年連続No.1の「満室の窓口」が主催するオンラインセミナーは下記のバナーをクリック!
-----------------------------------------------------------

満室の窓口、リノベーション、リノッタ、空室対策 満室の窓口、リノベーション、空室対策、満室経営 リノベーション、リフォーム、賃貸リノベ、リノッタ、満室の窓口


関連記事

  • 空室対策

    賃貸物件の人気設備ランキング2021発表

    全国賃貸住宅新聞が毎年行っている「入居者に人気の設備ランキング」の2021年度版が発表されました。 これを見ると、昨今の入居希望者がどのような設備を望んでいるのかわかります。 今回のコラムでは、人気設備のTOP3をわかりやすくまとめました。これから賃貸物件の建設やリフォームを考えている人は、必見です。

    2022.01.19
  • 空室対策

    満室オーナーは知っている!賃貸経営に欠かせない「データ分析」の入門編!

    今回は、賃貸オーナーが満室経営を実現するうえで必須の知識である「データ分析」の入門編!と題して、具体的な手順についてポイントを絞ってお届けします。しかし、いざ実践!となると、相当な時間と労力を要しますが、無料で、簡単にデータ分析を行える「満室の窓口」独自ツールもご紹介します。

    2022.01.17
  • 空室対策

    今後のアパート経営について考える

    日本では、少子高齢化社会で人口も減少傾向にあり、全国的にこれまでの住宅が余る状況になってきており、賃貸住宅の空室率が上昇しています。退去後の原状回復を行っても、なかなか新しい借り手が現れないのが現状です。築年数が古い物件や、立地が悪い物件だけではなく、比較的立地の良いアパートやマンションも同様です。今回は、今後の日本のアパート経営について解説いたします。

    2020.09.10
  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05