お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2021.04.08

満室の窓口

即入居が決まる!アパート経営に必須な空室対策5選!!

今回は、即入居が決まる!アパート経営に必須な空室対策5選!!と題して、賃貸オーナー必見の入居が即決まるアパート経営に必須な空室対策を5つのポイントに絞ってお届けします。

<目次>
1.アパート経営の今後
2.アパート経営に必須な空室対策5選
 ーアパート経営に必須な空室対策①|共用部・エントランスの改善
 ーアパート経営に必須な空室対策②|入居が決まりやすい必須設備を付ける
 ーアパート経営に必須な空室対策③|適正賃料を付ける
 ーアパート経営に必須な空室対策④|水まわり設備の交換
 ーアパート経営に必須な空室対策⑤|リノベーションでデザインアップ
3.アパート経営まとめ

1.アパート経営の今後

日本の賃貸住宅は今後人口減少や新築住宅の需要と供給により空き家率が上昇する可能性があります。 

日本の人口は、2008年の1億2,800万人をピークとして減少傾向に入っています。 

国立社会保障・人口問題研究所によると、将来的には減少はさらに進み、2040年には1億1,000万人、2055年には1億人を割り込み9744万人となると推計されています。 

そうなると必然的に住む人が少なくなるので、今ある住宅が余り、アパート経営は大きくマイナスの打撃を受けるこ可能性が高くなります。 

また、住宅・建設業者など、住宅をつくる側の収益構造の問題が挙げられるでしょう。

 建売住宅や分譲マンションは賃貸と違い、「造って売る」を繰り返して収益を得る形で成り立っています。 

そのため、住宅を供給する側が、家を造り続けなければ収益が確保できないので新築住宅を造らざるを得ず、それによって新築住宅が増え続けているのです。

また買う側(消費者)にも、「新築住宅が欲しい」というような思いが強く、超低金利時代という金利が低くなっている時代が続いているので、消費者にとっても新築住宅を買いやすい、建てやすいという状況が揃っています。

賃貸経営、賃貸オーナー、空室対策


2.アパート経営に必須な空室対策5選

ーアパート経営に必須な空室対策①|共用部・エントランスの改善

お部屋の中の空室対策ももちろん重要ですが、共用部やエントランスにも目を向けて空室対策を行うことが重要になります。

そもそもアパートの管理は義務なのか。

結論、原則全てオーナー様の責任となります。

入居者はまずエントランス、共用部を通って部屋に入ります。

部屋に入る前の通路を清潔に保っておくことで入居希望者の入居意欲もグッと上がってくることになります。


共用部の掲示板、郵便ポスト、ゴミ置き場等綺麗にできるところは定期的に掃除しておくことが必要です。


共用部の管理の重要性については、こちらの記事で詳しく説明しております。

共用部、賃貸オーナー、賃貸経営共用部の清掃は定期的に行いましょう。 


ーアパート経営に必須な空室対策②|入居が決まりやすい必須設備を付ける

入居が決まりやすくなる入居者に人気の設備ランキングを把握し、設備設置をすることも重要になります。

空室が続いている物件に限って、人気の設備ランキングが付いていない場合が多くなっています。

ウォシュレットやTVインターホン、インターネット無料などしっかりと人気の設備を把握することが必要になってきます。


人気の設備ランキングはこちらの記事で紹介しています。

賃貸経営、空室対策、賃貸オーナー人気の設備は必ずチェックをしましょう。 

2020年の人気設備ランキングはこちらで紹介しております!

ーアパート経営に必須な空室対策③|適正賃料を付ける

適正な賃料を設定することも入居を決める重要な対策になります。

適正賃料は、近隣の類似物件と比較して家賃を導き出す必要があります。

築年数や構造、間取り、立地、設備などさまざまな観点で見極めることが適家賃への導き方です。

長年決まらなかった物件において、家賃を1000円下げるだけで即入居が決まった事例もありますので入居が決まらない物件に関しては、家賃の再考がポイントかもしれません。

賃貸経営、賃貸オーナー、適正家賃



ーアパート経営に必須な空室対策④|水まわり設備の交換

水まわり設備の交換も入居の確率がグッと上がる手法の一つです。 

水まわりの印象がお部屋の印象と言われるほどキッチンや洗面台の綺麗さを求める入居者は多いです。 

明らかに古い見た目をしたキッチンや黄ばんでしまっている洗面台の場合は早めに交換をするべきでしょう。 

最近では、退去後の手入れも非常にラクな人工大理石などを使ったキッチンなども登場していますので、気になるかたはチェックしてみてください。

キッチン、人工大理石、水まわり、賃貸経営



ーアパート経営に必須な空室対策⑤|リノベーションでデザインアップ

賃貸住宅は、年々家賃は下がっていき、1年で1%ほど下がると言われています。

下がった物件価値は、リノベーションによって元の家賃どころかそれ以上に上げることも可能となります。

リノベーションの理想のタイミングは、退去後の原状回復時になります。

高額な原状回復の場合、いっそのことリノベーションを行なった方が格安に工事することができる場合も十分にありますので、一度ご検討すべき空室対策です。

リノベーション、賃貸経営、賃貸オーナーリノベーションによって誰もが住んでみたくなるお部屋に仕上げることができます♪ 


3.アパート経営まとめ

アパート経営で、一番重要なのは、ニーズの把握と適切な対策です。

ターゲットの設定やリノベーション内容だけでなく、エントランスの管理や物件の周辺状況の把握なども含めて、幅広く対応することが重要です。


このように空室を埋める対策は、1つだけ実践するのではなく、できるだけ多くの対策を知り、併せ技で実行していくことがポイントです。

「満室の窓口」では空室対策などさまざまなオーナー様へのお手伝いいたしますので是非一度満室の窓口にお立ち寄りください。


-----------------------------------------------------------
2.8ヶ月で満室の実績を誇る「満室の窓口」では、賃貸経営にお役に立つ情報を日々発信しています!

入居者ニーズの変化や新型コロナウイルス感染拡大などによって、時代の変化に応じた取組みが今まで以上に必要となってきました。

そこで、満室の窓口では、賃貸オーナーの皆様のお悩み、課題を安心安全な状態で解決するために、毎月オンラインセミナーを開催し、最新の賃貸経営情報をご提供しております。

石川県仲介件数8年連続No.1の「満室の窓口」が主催するオンラインセミナーは下記のバナーをクリック!
-----------------------------------------------------------

満室の窓口、リノベーション、リノッタ、空室対策 賃貸オーナー、賃貸経営、空室対策、メルマガ


関連記事

  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05
  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19