お問い合わせ

賃貸経営ニュースを探す

物件オーナーに向けた空室対策記事をご紹介

  • TOP
  • 賃貸経営ニュースを探す

  • 事例紹介

    新築なのに空室!!最新の空室改善で原因と対策を浮き彫りに!?

    今までは新築アパートは中古アパートより内装、設備が優れている分ある程度の需要が期待できました。しかし、現在の賃貸住宅は人口の減少しているのにも関わらず新築アパートが増え続け、新築でも差別化がなかなか図れず、空室対策を年密に練っておく必要が出てきました。今回は、物件の近年の空室原因と最新のAI&VRを活用した空室対策を解説します。

    2021.03.10
  • 事例紹介

    【新築物件でもここが重要】募集条件の精査と早期募集

    2021年2月末日完成予定の新築物件の事例です。 本件では新築賃貸住宅を建築するのに「何が重要なのか」にフォーカスし、ご紹介致します。 少しでも皆様のご参考になればと思います。

    2021.02.17
  • 事例紹介

    【苦戦物件が満室に】空室改善術

    今回ご紹介させていただくのは、長期間空室で困っていたオーナー様の成功事例になります。 築34年3点ユニットであることもあり、長期期間空室。管理会社からの提案も無く、困っていると満室の窓口へ来店。 周辺の市場を調査し、賃料の改善、設備の導入を提案し、結果2ヶ月で成約、満室になりました。 長期空室の物件でも、募集内容をターゲットやニーズに合わせることで、満室になった事例です。

    2021.02.05
  • 事例紹介

    築28年の物件を満室にした空室対策事例を大公開 !

    「満室の窓口LIVE」では、Fecebookにて毎月第2火曜日の19時より「賃貸経営に役に立つ内容」を生配信しています。1月12日に第5回目を配信しました。第5回目は、満室の窓口石川県庁前店の山口と、福岡店・株式会社リアライフ福嶋様(中級不動産経営改善士)、古河店・株式会社オクスト宮永様(中級不動産経営改善士)、札幌店・株式会社三光不動産 嶋田様(中級不動産経営改善士)をゲストにお迎えしました。今回は古河店の満室事例を紹介していただきましたのでそちらの事例をご紹介いたします。

    2021.02.03
  • 事例紹介

    【売買or賃貸!?】分譲マンションの活用方法

    今回は、売買募集されており、なかなか売れず困っていたオーナー様の成功事例になります。 賃貸と売買の同時で募集をすることで、賃貸募集後1週間以内に成約。 分譲マンションの活用に成功させれたオーナー様になります。 満室の窓口では、空室に困っているオーナー様や土地活用で悩まれているオーナー様へ 無料相談を開催しております。 また今後のアパート経営でご不安に思われているオーナー様など 是非 お気軽に満室の窓口にご相談ください。

    2021.01.27
  • 事例紹介

    間取り変更・設備一新で新しいお部屋へ。リノベーションで収益アップも

    間取り変更・設備一新で全く新しいお部屋に生まれ変わりました。リフォーム後2ヶ月で決まり、収益もアップ。「空室が出た際は次も頼みたい」とオーナー様より言葉を頂きました。

    2021.01.24
  • 事例紹介

    現在のニーズに合わせた修繕・改修について

    当社にお預け頂いてから約1ヵ月半で成約となったアパート(1室)の事例をご紹介致します。 どのようにして成約に至ったのか、少しでも皆様のご参考になればと思います。

    2021.01.22
  • 事例紹介

    戸建物件の賃貸活用について

    当社にお預け頂いてから約2ヶ月で成約となった戸建物件の事例をご紹介致します。 どのようにして成約に至ったのか、少しでもご参考になればと思います。

    2021.01.15
  • 事例紹介

    建築検討オーナー必見!!新築アパートの成功事例

    今回ご紹介させていただくのは新築マンションを建てられ、繁忙期前の建築完成時には満室になったオーナー様の事例を紹介させていただきます。 建築前に、最近の人気設備や家賃設定などのご相談を受け、ご提案し満室になった事例です。

    2021.01.09
  • 事例紹介

    間取変更と設備交換で古さを払拭!

    不動産業界の繁忙期も目前となりました。その中で、小規模の間取り変更(内容変更)と設備交換をした、築27年の分譲マンション(1部屋)の事例をご紹介致します。

    2020.12.17
  • 事例紹介

    【ちょっとした改善で満室へ】空室改善術

    今回は長期空室物件が管理移行時にちょっとした改善をすることで埋まり、満室になった事例をご紹介させて頂きます。 築27年の単身用アパート。8部屋中3部屋空室、内1部屋は約1年空室。 なかなか空室が埋まらず悩まれており、「満室の窓口」の看板を見られ満室の窓口へ来店されました。 ほんの少しの改善でも結果が大きく変わる良い満室事例です!

    2020.12.11
  • 事例紹介

    古い建物でも好立地とRC構造なら、リフォームを実施することで、長期収益が見込めます

    最寄り駅徒歩6分という好立地と耐用年数が長いRC構造であった為、グレードアップリフォームを実施しても16年以上の収益が見込めると予測。 需要の高い1LDKへ間取り変更することで、募集からわずか20日間で申込を頂きました。

    2020.12.10
  • 事例紹介

    【見落としがち!】基本設備の交換について

    「決まりやすい物件」と「決まりにくい物件」には様々な要因があります。 その中で見落としがちなのが、「基本設備」が設置されているかどうかです。 インターネットで物件検索をされる今だからこそ、ぜひご参考頂ければと思います。

    2020.12.03
  • 事例紹介

    土地活用事例〜駐車場経営で収益UP〜

    今回ご紹介させていただくのは空き土地に駐車場を作られ土地活用を成功されたオーナー様になります。 賃料8,800円で募集し完成後1ヶ月で満室。その後も空くたびに決まり常に満車の状態です。

    2020.11.27
  • 事例紹介

    若い世代をターゲットに間取り変更。リフォーム後わずか2週間で申込

    若い世代にニーズの高い2LDKに間取り変更をすることで、募集賃料を65,000円→75,000円、10,000円アップで募集。 募集後、わずか2週間で申込が入りました。 なぜ、2週間で申込になったのか? 早期申込に繋がったリフォーム内容についてご説明します。

    2020.11.24
  • 事例紹介

    【1ヵ月で満室!!】決まりやすいお部屋の共通点

    築15年、軽量鉄骨造の共同住宅で、当社にお任せ頂き約1ヵ月で満室となりました。(総戸数:6戸 うち2戸空室) 今回はその物件の改善事例と【決まりやすいお部屋の共通点】についてまとめました。 来る繁忙期に向けての準備として、少しでもお役に立てれば幸いで御座います。

    2020.11.24
  • 事例紹介

    renovationの極意〜高額原状回復はチャンス〜

    今回は長期入居物件を賃貸リノベーションで改善した事例をご紹介させて頂きます。 長期入居に伴い、発生する原状回復費用は高額になることが多い。 大きな金額をかけて元の状態に戻し近隣に合わせた相場賃料で募集するか、 付加価値をつけた大幅なリノベーションを行い家賃アップして募集するかシュミレーションさせていただき、 一番キャッシュフローの良いご提案をさせていただきました。 結果、家賃は48,000円から58,000円 10,000円アップで施工後3日でご成約となりました。

    2020.11.12
  • 事例紹介

    【分譲マンション】リフォーム内容とその効果

    築21年 SRC造の分譲マンション。 当社管理に管理をお任せ頂き、約1ヵ月でご成約となりました。 本物件に関しては特に【リフォーム】に注力し、結果につながったと考えております。 ご参考にして頂ければと思います。

    2020.11.05
  • 事例紹介

    高額原状回復工事はリノベーションがお得

    退去後の原状回復工事が高額であった場合、リノベーショのチャンスです。 実際の事例を参考にご説明させていただきます。

    2020.11.06
  • 事例紹介

    賃料アップリノベーション事例

    築古物件でもリノベーション次第で賃料アップできます。 今回は、築29年の軽量鉄骨造アパートの一例をご紹介させていただきます。

    2020.11.06
  • 事例紹介

    賃料ダウン物件をUP物件へ

    今回ご紹介するのは、隣地にマンションが建設されてしまい日当たりが無くなり空室が出る度に賃料をダウンしていた物件の改善事例です。

    2020.11.06
  • 事例紹介

    空室改善&賃料UP

    築30年の中古物件を購入から賃料UP、満室までサポート

    2020.11.06
  • 事例紹介

    募集方法改善~プロモーション活動とネット掲載内容充実化の重要性

    【概要】 新築 木造3階建て 総戸数 3戸 (現在満室) 間取り 2LDK

    2020.11.06
  • 事例紹介

    リノベーションで苦戦物件が満室へ 利回りアップ術

    今回は空室苦戦物件を賃貸リノベーションで改善した事例をご紹介させて頂きます。 アパート経営の中で頭を抱えるのがお部屋の空室。私共はリノベーションの力で物件再生を行い入居率アップへ繋げていきます。 デザインも良くなり家賃は14,000円アップ、結果として施工後すぐ成約となり物件自体も満室となった事例になります。

    2020.10.29
  • 事例紹介

    共用部の重要性について

    築33年の木造2階建てのアパート。(総戸数6戸:当時空室2戸有) 当社に管理をお任せいただき約2ヶ月で満室となりました。 今回ご紹介する物件は、改善提案にあたり内装よりも共用部の整理・修繕に注力しました。 外観・共用部がいかに重要か、少しでも参考にして頂ければと思います。

    2020.10.21
  • 事例紹介

    土地活用事例〜賃貸マンションで収益UP〜

    今回ご紹介させていただくのは新築マンションを建てられ土地活用を成功されたオーナー様になります。 建築完成時には満室!! 建築計画時から御一緒させていただき、完成を満室で迎えられた事例になります。

    2020.10.16
  • 事例紹介

    繁忙期前の準備の重要性について

    先日、オーナー様に「この時期から繁忙期(1月~3月)に備え、その準備をしませんか?」とお伝えしたところ、 タイミング的にもいいということで、承諾を頂いた事例です。 実は今がベストタイミング!?お客様の入れ替えが多い時期に向けて準備をする重要性について書きます。

    2020.10.08
  • 事例紹介

    初心者オーナー様必見!〜満室経営のすゝめ〜

    今回ご紹介させていただくのは「不動産経営診断士勉強会」を通じてご相談いただいたオーナー様になります! 不動産経営がはじめてだったオーナー様が勉強会を経て不動産の基礎知識や空室対策を学び、苦戦物件から満室物件へ変わった事例をご紹介致します!!

    2020.10.02
  • 事例紹介

    【新築物件でも... 】賃料査定と準備の重要性

    今年の8月中旬に完成した新築物件。繁忙期も終わりさらには新型コロナウイルスの影響で、お客様の動きが少ない中、約1ヵ月で87.5%(7/8戸 残り1部屋)の申込を獲得した事例を紹介します。

    2020.09.24
  • 事例紹介

    常に満室経営!トレンド理解の重要性!

    築23年の単身向けアパート。 ターゲットとニーズを理解し改善することで 常に満室の人気物件へ。

    2020.09.16
  • 事例紹介

    賃貸業界の現状と家賃の下落の関係とは?

    アパート経営での空室増加はオーナー様の最大のお悩みかと思います。日本では、少子高齢化社会で人口も減少傾向にあり、全国的に住宅が余る状況になってきており、賃貸住宅の空室率も上昇しています。入居率の低下そして家賃収入の安定がなければアパート経営自体が続かなくなってしまいます。今回は、アパート経営の今後の予測と原状回復と現状維持の問題点について解説いたします。

    2020.09.16
  • 事例紹介

    【空室率100%から満室に!】繁忙期末期でも決めきる準備

    繁忙期も終わりに差し掛かる中、全戸空室(4部屋)という状態で当社に依頼があった物件。 その状況下で約1ヵ月で満室にした事例を紹介します。

    2020.09.10
1-8件/全67件