お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

空室対策

2020.09.07

満室の窓口

空室対策における共用部分NG事例公開!

アパート経営に欠かせない空室対策。

今回は、そんな空室対策のお部屋に入る前の共用部(エントランスなど)のNG事例集をご紹介させて頂きます。

物件において、物件の共用部分はその建物の第一印象を決める最も重要な場所です。


お部屋の中の空室改善ももちろん大事ですが、見落としがちな共用部についてお話させて頂きます。


<目次>
1.空室対策における共用部分の重要性とは?
2.空室対策|共用部NG事例編〜ポスト・掲示板〜
・広告防止シールが多すぎる
・チラシが散乱している
・ポストシールの剥がし跡がある
・掲示板劣化、不要掲示物が掲示されている
3.空室対策|共用部NG事例編〜共用部分エントランス・廊下〜
・玄関ドアノブに異常がある
・放置物、コケの発生を放置されている
・劣化したサインの放置されている
4.まとめ

1.空室対策における共用部分の重要性とは?

共用部はお部屋に行くまでに必ず通る非常に大事な部分になります。

共用部の印象が悪いと、お部屋そして物件自体の印象が悪くなることに繋がりますので、そこからお客様にお部屋に選んでいただけないということになってしまいますので、しっかりと対策をしていく必要があります。


今回は、お部屋に入るまでの共用部のNG事例をご紹介いたします。

共用部、アパート経営共用部は物件の第一印象に繋がります。 


2.空室対策|共用部NG事例編〜ポスト・掲示板〜

・広告防止シールが多すぎる

→広告防止シールが多すぎると、部屋を探しているお客様からすれば、「空室が多い物件=人気のない物件」といったイメージを定着させてしまいます。

こういったマイナスのイメージを抱かせる物は良くありません。そのためシールは適切な量を貼ると良いでしょう。

共用部、エントランスあまりにも多いと不人気物件という印象を与えてしまいます 

・チラシが散乱している

→マナーの悪い人が住んでいるといったイメージを定着させてしまいます。

こういったところも定期清掃の業者などに依頼し日頃から綺麗な状態を保ちましょう。
チラシ散乱、共用部この状態は住みたくはないですよね… 

・ポストシールの剥がし跡

→今の時代、入居者のほとんどはポストにシールは貼りません。ですのでシール跡があるとそれだけで物件に対するイメージダウンとなります。

シール跡を剥がすだけで見た目に大きな違いが生まれますので、清掃や退去のタイミングなどで清掃業者にお願いをすると良いでしょう。

シール跡って結構目立ちます…
 


・掲示板の劣化、掲示物の内容

→入居を検討しているお客様は、期限が過ぎている掲示物がある、掲示板自体が劣化している、マイナスイメージの広告などの掲示板を必ず目にすると思いますので、こういった対策も必要不可欠になります。

掲示物の定期的なチェックを行いましょう。 


3.空室対策|共用部NG事例編〜共用部分エントランス・廊下〜

・玄関ドアノブに異常がある

ドアノブは、お部屋に入る直前に見えるため重要な箇所になります。

お部屋に入る直前にこのような状態があると、「この建物は管理が悪いな…」といったマイナスイメージを定着させる結果となるため、管理を徹底しましょう。

ドアノブお部屋に入る直前の印象は重要です。 

・放置物やコケの発生を放置されている

放置物の回収やコケの掃除なども非常に重要になります。

定期的な点検や、高圧洗浄やによる清掃も最低年に1回することで物件の美化が保たれます。

コケこの状態は良い印象は受けませんよね… 

・劣化したサインの放置

こちらも常にきれいな共用部を保つために点検が必要でしょう。

劣化しやすいプラスチックの放置はしないのがポイントです。

コストも安いので即交換を心がけましょう。
サイン劣化コストも安いので気になるところがあれば交換しましょう。
 


4.まとめ

今回は、共用部分のNG事例ということでご紹介いたしました。

お部屋の中身も入居率を上げるために非常に重要なポイントですが、共用部分の細かいところにも気を配ることで、全く違った印象の物件になります。

物件は、綺麗に維持していると綺麗に保たれますが、いったん汚れると、瞬く間に、どんどん汚くなってしまいます。


ですので、定期的な点検や清掃を行うことで、物件価値を高まり入居率UPにも繋がりますので是非実践していただければと思います。


↓関連動画はこちらから




関連記事

  • 空室対策

    アパート経営・マンション経営に関する相談はどこにするべきか?

    アパートやマンションの賃貸経営は、法律や税務、不動産などいろいろな知識が必要となり、それぞれ相談する先も変わってきます。 今回は、アパートやマンションの賃貸経営を始めようと思ったときに役立つ相談先をピックアップしました。

    2021.10.05
  • 空室対策

    【空室対策の基礎】共用部管理の重要性

    賃貸経営において共用部を適切に管理・清掃することは非常に重要です。共用部や建物の清潔感は、入居者の満足度につながります。一方、共用部の清掃が行き届いてなく汚れていれば、内見者の印象は悪くなり空室率は上がるでしょう。今回は、空室対策に必須な共用部の管理・清掃について解説します。

    2021.07.16
  • 空室対策

    【侮れない!!】外壁塗装の重要性

    マンションやアパートなどの集合住宅でも戸建て同様に、外壁の定期的なメンテナンスをしなければいけません。 外壁は、年数が経つと汚れが目立ち、見た目が悪くなり、入居者数から好まれなくなります。 また、外壁の塗膜を劣化したままにしておくと、雨漏りや、建物の構造部分が腐食する原因にもなります。 外壁のメンテナンスを怠ると、建物の寿命を縮めてしまうことに繋がるのです。 今回は、外壁塗装による重要性を理解していただき、今後の賃貸経営における参考にしていただければ幸いです。

    2021.06.25
  • 空室対策

    ペット飼育可能物件について

    賃貸経営をするにあたって、空室対策は最も重要なポイントです。 昨今のペットブームや単身世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの影響で「ペットを飼育したい!!」といったニーズが高まっているように感じます。 こうした需要は、空室対策にも繋がり、「ペット飼育可能」へ変更をお考えのオーナー様も増えてきております。しかし、安易に「ペット飼育可能」とすると思わぬトラブルや問題が発生することがあります。この記事は、賃貸物件における「ペット関連事項」についてご説明します。

    2021.06.19